緑したたるウェールズ *5 Hay-On-Wye

f0037112_4334657.jpg



    古書の町





ブレコン ビーコンズから車で1時間ほどにある、イングランドとウェールズのちょうど境目にある町 ヘイ オン ワイ。
古書で有名なこの町には、改造して古本屋にしたというお城も。
町中いたるところに本屋さんがあります。
f0037112_436717.jpg

帰り道に立ち寄ったので、とにかく時間があまりなく、また雨も降ってきてしまったりして大急ぎでざっと歩いてまわっただけでした。
素敵な古本屋さん以外にも、絵本専門店や雑貨屋さん、お菓子屋さん、ティールームなどがたくさんあったのに、もう1日あったなら..と残念でした。
心躍るようなアンティーク、ヴィンテージ雑貨を扱うお店もあったけれど、店内ではアンが品物に触って遊ぶので気が気じゃないし、外ではバギーの中でぐずるウーの声も聞こえて、泣く泣く去りました。
帰って来てからも、ずっと後悔の念。 
たった5分くらいしかなかったけれど、1枚くらいヴィンテージの刺繍のついたリネンを買ってくればよかったなあ..。

とてもいいなと思ったのが、町中にある無人販売。
田舎道の途中などで、野菜の無人販売をみかけることはたまにありますが、観光地でもある小さな町の中にぽつんと出ているのは微笑ましかったです。
野菜や果物以外にも、お花の無人販売もありました。
f0037112_4384826.jpg

水にいけてあるお花の後ろに看板がかかっていて、「今朝庭からつんできた新鮮な花はいかがですか?」と^^   買った人が持ち帰りやすいように、ビニール袋まで置いてあるところがいいです。
住んでいる人、またこの町を訪れる人達のフレンドリーであたたかく、昔懐かしいような関係がこんな風にあるなんて素敵。
このお花をおいている人は、一体どんな人なのかな.. 白髪が綺麗なおばあさん、それとも絵描きをしている女性か、はたまたひょっとしたら18歳のそばかす顔の男の子だったりして..(妄想は膨らみます^^;)

いつか子供達をおいて(笑)、ゆっくりともう一度歩いてみたい町でした。
f0037112_4394133.jpg


[PR]
by annebm | 2009-08-28 04:45 | ノートブック
<< Love Spoon 緑したたるウェールズ *4 C... >>