美しい漆器

f0037112_545274.jpg


いつも仲良くさせてもらっているお友達、桂ちゃんから、素敵な贈り物が届きました。

アンとウーの名前がはいった、色違いの漆のお椀。
ふたりが大人になってからも使えるようにと、普通サイズで使いやすいものを贈ってくれました。
アンと同じ年のこももちゃんからの、かわいいお手紙も同封されて^^

ここ数年、漆器の美しさに興味をもったところだったので、とてもうれしかったのです。
地味で、また扱いにくそうなイメージばかりもっていたのですが、
今ではその渋さ、控えめな豪かさ、心をこめて手入れして使うことにも惹かれます。

日々大活躍しています。桂ちゃんありがとう!


ちょうど先月訪れた金沢は漆工芸でも有名。

たまたま立ち寄った東山茶屋街にあるお店で、作家さんが来ていたのでお話する機会に恵まれました。
Beがこの作家さんの作品を記念に手にしたいと言って、
桜の木でできた漆塗りのカップを買いました。
手入れさえ心がけていれば、普通にコーヒー用にも使ってくださいとのことでした。
f0037112_574264.jpg

色もフォルムもシックで、気にいっています。

なんでもそうですが、手で丁寧に作られたものはやはりいいですね。
そのものの持つ温度がちがう気がします。


f0037112_561849.jpg

[PR]
by annebm | 2010-05-11 05:09 | ノートブック
<< 風が冷たい5月に 空に泳ぐ >>