癒しの間 in Devon -


f0037112_638498.jpg


  ナショナルトラスト Arlington Courtへ




f0037112_523372.jpg



今回のホリデーは用事を兼ねて行ったので、
時間の都合もあり、希望通り海辺や町を訪ねることができませんでした。

そうとはいえ、たまにはあれをしたい、これもしたいという考えなしに、
ただひたすら自然の中に身をおいて、頭も心も体も紐解く休暇もいいもの。

のんびりと2日に分けて訪れた ナショナルトラストのArlington Courtは、
大きすぎず、小さすぎず、子供達と廻りやすい規模で、気持ちのいいお散歩ができました。
f0037112_4242613.jpg
f0037112_423365.jpg
f0037112_422128.jpg
f0037112_4195849.jpg

1日目は曇り空でしたが、2日目は快晴に恵まれて、美しい花々を楽しんできました。
馬車を引く大きな馬が有名なので、ガイドさん付きで見せてもらいました。
鼻をなでると温かくて。
馬は馴染みがある動物ではないのですが、とても惹かれます。
優しい目が好き。美しい身体の線も毛並みも。
いつか乗馬を習いたいのです。
いつか、馬と暮らしたいのです^^
(と希望だけは。。笑)
f0037112_5361674.jpg

f0037112_4183116.jpg
f0037112_4165571.jpg

f0037112_4133625.jpg
f0037112_517532.jpg

牧歌的な景色に、しばし時が止まり、何かがリセットされる感じ。

時を止める、意図的に。
するとふと雲がかかっていた空から、ぱーっとお日様が出てくるみたいに、
目の前がすっきりとして、
頭がクリアになって。

ぼやけていたことに、はっと気がつく。

そういう空間、瞬間をつくることって、私個人的にはとても大切だったりします。

f0037112_5193238.jpg

豊かな自然の多いところ、静かなところ、気が休まるところは、
自ずとそういう風に、「止まる」ので、
出てきたらリセットされているという感じですね。
f0037112_5211365.jpg

ストレスを感じるからということではなくて、
それでも日常生活、凝り固まった習慣的な流れ、在り方の中で、
人は誰しも、本当はいつでもどこかで癒しを求めているのかもしれない。
f0037112_550114.jpg

自然は、無理矢理はいってこないし、関わろうともしない。
何かを訴えることもしないし、何も押し付けない。
何も比べない。

ただ放っておいてくれるし、そこに一緒に佇むだけ。

だから人はきっと安心し、余計な詮索も判断も癖もなく居れる。癒される。

緑の力ってすごいなあと 改めて感動したのでした。

今回は荷物の関係もあって、本もひとつも持って行かなかったし、
MacBookはもちろんのこと、テレビも普段からあまりみないので、
夜子供達が寝静まってからは、ただ夫婦2人で話したり、ぼーっとしたり。

だけど、その 孤立 というか、何も持たないような感じの暮らし方が、
とても心地よかったんです。
何もインプットしないと、楽というか。

暗くなったから寝ようとか、冷えるから熱いお茶をいれて、
それをただ飲むとか、そういうシンプルな感じが、とてもよかった。

f0037112_5271017.jpg


何を手放すわけでもないけれど、
どれだけ手放せずにぎゅっとつかんでいるだけで、
実はああ重かったんだな。。と、ふと 楽になったデボンの時間でした。

[PR]
by annebm | 2010-07-13 06:03 | ノートブック
<< 髪型 森林浴 in Devon >>