time after time

f0037112_7171949.jpg


日曜日ゲストをランチに呼んでいたので、朝からずっとキッチンに籠りました。
時間に追われながらも、子供達への心配なしにキッチンに立つ時間は、今の私にとって心地よい独りの空間です。

最近は車の中でしか音楽を全く聴かなくなってしまったので(DJは4歳児だし)、
久しぶりにキッチンにプレーヤーを持ち込みました。
中でも数年ぶりに聴いたtuck&pattiのアルバムは懐かしい想い出を紐解いて、少々切くなりながら料理をしました。
シンディー-ローパーの「time after time」のカバーは特に好き。
そのアルバムは12年前寒い冬のスイスのCD屋さんで買ったもので、
その時大好きだった人と一緒にはまって、何度も聴いたのでした。

time after time。

あれは幼さなどなしに、ただ丸ごとその時の自分だったような、
そうでもなかったような。

今ならきっと、全然ちがう気持ちでその人をみれるのだろうなと、
12年ぶりに、ちょっとだけ再会してみたくなりました。

[PR]
by annebm | 2010-08-06 07:19 | ノートブック
<< 夏の余韻 ひろがるせかい >>