クリスマスツリー



f0037112_6455047.jpg

 それぞれの 幸せのかたち







f0037112_6485364.jpg


義母さんがそうしているように、毎年1種類、新しいお気に入りのツリーオーナメントを探すことを楽しみにしています。

5年前、アンが生まれてから、一番最初に手にしたのは藁のもの。
次の年はメタルのもの。
それからビーズのもの。
翌年は木のもの。
今年はずっと探していたツリーのボール類。

なかなか願い通りのボールに手軽に出会えなくて、
蚤の市などに足を運べば見つかるのかもしれませんが、
毎年この時期は忙しくてなって、そんな時間がなくて。

ローカルなチャリティーショップと、アンの学校のバザーで手にしました。

光沢のあるミシン糸のような素材でできた、ピンクと黄緑色と緑のもの。(アンが選んだピンク)
プラスチックでチープな感じがよくて、模様のついた赤とシルバーのものと、お星様。
お星様はもう1つ買ったのですが、道に落としてきてしまったようで、見つかりません。残念。
f0037112_7174919.jpg

一番見つけて嬉しかったのが、緑の楕円型のもの。
大好きなグリーンで、ずっと探していた糸素材のもので、しかもレースがあしらってあって。
願わくばこの種類で全部、他の色で揃えたかったのですが、
バラ売りだったので、これしか見つかりませんでした。

どれも1つ、10ペンス。10円以下とお値段も嬉しいところです^^

義母さんのツリーは小さいけれど、長年集めてきた愛らしいオーナメントが勢揃いで、統一性が全くないところが素敵です。
私は、あまりたくさんオーナメントはつけすぎず、緑が十分見えるくらいが好きで、
色や物のバランスはちょっとありつつ、でもうまくアットランダムな感じに、毎年重ねて加えていきたいなと思っています。
f0037112_75640.jpg


毎朝学校に行く前に、オーナメントの配置を変えるのに精を出すアン。
「これがここじゃなきゃだめなの!」と怒られます^^;

「でも、バランスなのよ」とたしなめますが、全然だめ。
アンを送った後、家に戻ってまた配置を直す私を見て、
Beが、「アンはあつこに似ていて、頑固。お互い様だね」
と笑われて、一瞬むっときましたが、たしかに(笑)

それからは、配置はアン隊長に任せることにして、
大人、母の優しさと柔軟性を見せるべく(笑)ぐっと変えずに堪えている次第です。

夕方になって、アンと帰ってくるとライトをつけます。

夜ごはんの後は、照明を落として、クリスマスソングを聴きながらみんなで団欒する日々。

すごく幸せな空間です。

今日は初めて、クリスマスケーキを仕込みました。
もう4時間もオーブンに入っているのに、まだ焼き上がりません。。

その様子はまた後日アップします。

f0037112_753041.jpg


 ウーはオーナメントを外す係に徹しています(汗)





[PR]
by annebm | 2010-12-08 07:24 | ノートブック
<< 氷点 白く光る12月 >>