小舟にのって、ひとりごと。


f0037112_5575314.jpg

新年が始まってから、次から次へと様々なことが起こって、まわりを取り巻いている気がします。
リストアップしたら切りがないほど、ここでは書けることも書けないことも含めて、率直にいって大変!

ひとつは家のボイラーが壊れて、1週間以上もお湯もなし、セントラルヒーティング(全部屋についている暖房)がないということ。
直るはずだった木曜日、修理にくるはずだった人が来ないまま、明日へと持ち越しになりました。
デロンギの電気ヒーターで室内の寒さはしのいでいるけれど、お風呂もシャワーも入れないのは困りました。ケトルとお鍋でお湯をわかして、バケツで子供達の体を洗ったり、友人のお風呂をかりに行ったり。こういう時日本みたいに銭湯があったらなあと思いました。
食器を洗うのも、顔を洗うのも冷たい水。手もがさがざに荒れてしまいました。
お風呂に入れないこともあってか、アンの咳がずっと止まらないし、私とBeにも風邪がうつってしまいました。
f0037112_6303164.jpg

そんな時、実家で父と住む84歳の祖母が入院しました。
幸い集中治療で回復に向かっているようですが、父も大変な様子。
3年前の冬に母を亡くし、2年前の冬には祖父が他界したので、
一瞬みなひどく動揺しました。
こんな時すぐに飛んでいけない、手をかせない自分を歯がゆくも感じます。
私にとってこの祖母は第二の母。生まれた時から同居して、もう一人の母親として私と姉を育ててくれました。
今年もまた会えることを楽しみにしているので、祖母の回復をここからみんなで祈っています。
f0037112_63113.jpg

心を揺さぶる出来事も流れも、もっと他にもあって、
こういう時って次から次へと重なるなあと不思議なくらいで、なんとなく悲劇が喜劇に思えます。

でも多分、物事ってある側面しか見えないですよね。
自分が「こうだ」と思う側面での判断、価値でしかない。
全体なんて全く見えていないのだから、物事の善し悪しって、本当に紙一重。

今が大変なんていうのも、前の状態と比べているだけの側面。

何が起ころうと、何が起きていようと。

右へ左へと揺さぶられながら、小舟にのって先も見えないくらいの嵐の中の、
海原の旅は今日も続きます。

ロマン-ロランの名言
「人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。 肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ」
をこんな時偶然読んで、ほんと、そうだなと納得。

さ、明日もまた、生きよ!

(ボイラーだけはまず直ってほしい!)
f0037112_6313666.jpg


[PR]
by annebm | 2011-01-24 06:34 | ノートブック
<< 今日はワイン片手にひとりごと。 鉛色の冬の散歩道 >>