ローズヒップのジュース

f0037112_551743.jpg


3月に入ったというのに、またアンからウー、私へと風邪がぶり返してしまいました。
咳が出るだけでひどくはないのですが、先月のウィルスですっかり免疫が落ちてしまっているみたいです。
早く回復すること、免疫力をあげることを目的に、先延ばしにしてしまっていたローズヒップのコーデディアル(ジュース)作りに挑戦してみました。

良質ビタミンの宝庫といわれるローズヒップ。
イギリスではバラがいたるところで植えられているので、公園や庭で、この愛らしい真っ赤な実もよくみかけます。
夏に義両親の家の庭から摘んできたものを、今まで冷凍保存しておきました。

イギリスの古い慣しとしては、夏のおわりにコーディアルを作り、保存して、日光の少ない冬場を通してビタミン補給のために飲むそう。
カルシウムも豊富だとか。

秋に作った、同じく義両親の庭から摘んできたエルダーベリーのコーディアルよりも、ローズヒップのものは手間がかかりましたが、とても美味しく出来上がりました。

作り方は、ローズヒップをフードプロセッサーにかけて、
鍋にお湯といれ、沸騰させます。
フツフツしてきたら火を止め、15分休めます。
それから丁寧につぶしながら濾します。
この作業を2回最初から最後まで繰り返します。

2回目濾し終えたら、砂糖をいれ、とろっとなるまで火にかけ、出来上がり。

大変だったのは、1回目の濾す作業。
見た目はトマトソースのようですが、種もたくさん入った実の固まりをスプーンで押して濾すのは、時間がかかりました。
f0037112_5551443.jpg

ぐつぐつ煮ている時は、ワイルドな土っぽい香りがしました。

この季節はコーディアルをお湯で割って、暖かくして飲むと美味しい。
気分によっては、冷たいスパークリングウォーターと割っても。
癖がなく、フルーツジュースのようで、子供達も何度もおかわりします。

f0037112_6404070.jpg

f0037112_6411075.jpg

義母さんが「ずっと持っていていいよ」と言ってかしてくれた、2冊のハーブの本がとても面白くて、時間があれば読んでいます。
もとから母の影響もあって、民間療法など馴染みが深いので、薬草を使った料理やお茶、美容、医学などに興味がありました。
これらの本の中にももちろんローズヒップは出ています。
育て、使うハーブの知識を長い時間をかけて自分で学んで、生活に取り入れていけたらなと思っています。

美白効果もあるローズヒップ。
私には嬉しい話^^

今年の夏にはもっとたくさんお庭で摘ませてもらって、これからは毎年恒例の楽しみとして、仕込もうと思います。

みんなで毎日飲んでビタミン補充。
元気に春を迎えれたらいいな。

f0037112_6413032.jpg



+私信+
さおりさんへ
前話していた、ご紹介したいハーブの本、この右のものです!
古い本だから、今はどこで手にはいるか定かではないのですが。
本当におすすめしたい1冊です^^



[PR]
by annebm | 2011-03-02 06:55 | エンジョイメント
<< お雛祭り 荒野で耽る >>