KIZUNA


f0037112_6593911.jpg

花曇り空から初夏の日射しへ。






f0037112_714573.jpg


友人の旦那さんが牧師さまをしている教会で、日本の復興を願うチャリティーイベントがあったので、お手伝いをしてきました。
和菓子やお抹茶を楽しんでいただいたり、日本の記事や写真、和風の置物などをディスプレイしたり、お茶会を兼ねたシンプルなイベントでしたが、多くの方が足を運んでくれました。
私は小豆のケーキを作って持っていき、折り紙コーナーを担当しました。
折り紙の美しさに興味を持って下さって、たくさんの方が挑戦してくれました。
私も久しぶりにたくさん鶴を折ってみて、なんて素晴らしいアートなんだろうとあらためて感動しました。
子供の頃は大嫌いだった折り紙。幼稚園でできなくて、いつも泣いていたのに(笑)

f0037112_7121689.jpg

f0037112_7124258.jpg

f0037112_7141181.jpg

f0037112_7131229.jpg

f0037112_7175452.jpg

f0037112_7133776.jpg

f0037112_7153719.jpg


子供達もみんなで集まって楽しそうだったけれど、お手伝いの合間におむつを換えたり、抱っこしたり、トイレに連れて行ったり、墓地で追いかけっこしたり(笑)、大人の手が何本あっても足りないものです。
でもこうやって大好きなお友達家族と今日本のために協力し合えたことも、いい思い出になりました。

イギリスの墓地ってとてもピースフルで好きです。
土葬独特の、なんともいえない雰囲気と、イギリスらしい野花や緑がマッチングして。
今日も初夏の日差しの中、なんていい空間なんだろと、しみじみ感じました。



私は10代で日本を出ましたが、日本を出てみて、本当に自分が日本人であることを誇りに思うようになったんです。
日本という国が、日本人が築いてきた独特の感性と文化は、国際間のフィールドに立つと、ものすごくパワフル。
それは、あまりに控えめだから一見パワフルに見えないけれど、根底から湧き出るもので、力強く、また余計なものがない分、潔い。
品の良さ、エレガントさ、誠実さ、優しさ、暖かさ、強さ。。
色々な要素が混ざっているのに、決してでしゃばらない、シンプルにブレンドしている。
日本人の感性ってすごいと思います。

日本だからこそ、日本人だからこそ、の底力、腹力って絶対にある。
私は海外にきて、ずっとそれを感じて生きてきたし、これからもそれは変わりません。

ああ、日本人として生まれてこれて良かったと、心から感じます。

本来は、なんてなんて素晴らしい国なんだろうと。

それはどこにいても減ることなく、ただ増えていく思いです。
だから子供達にも伝えていきたいことがたくさん溢れています。

今日本がおかれているのは現代史の中でも過酷な時と思う。
正直、大変じゃない時勢なんてのは最初からないのかもしれないけれど、
今新たな挑戦と試練が降り掛かっていることは間違いない。


可哀相、酷すぎる、目を背けたい、そんな事実に直面した時、
今だから日本人として本当に生きたい。

本当の日本人として。

そう思います。
f0037112_7324057.jpg



[PR]
by annebm | 2011-05-15 07:39 | ノートブック
<< サバとピザと。 relativity >>