蘇生の春。

39度の熱にうなされていたら、もう4月。
アンのひいていたインフルエンザがうつって、大変でした。出産して以来初めての風邪、そしてここ数年どんなひどい風邪をひいても、こんなに熱が上がることなんてなかった。
39度も熱があると、人間本当に何もできない。ありがたいことにBeが金曜日会社を休んでくれて、私の看病とアンの子守りをしてくれた。それでもいつも通り日夜授乳をしなくてはならなくて、本当にしんどかった。
熱にうなされていたら、様々な記憶の引き出しが開いた。6年前に行ったスリランカのこと、大学時代にふられたボーイフレンドのこと、昔の歌や、アンを産んだ日のことなど。リアルな感情の記憶が、どんどん浮かんでは消えた。
母に習った民間療法をやったり、Beの作ってくれたチキンスープ(イギリスでは、風邪というとチキンスープ。鶏ガラで栄養たっぷりの)を飲んで汗をかいたり、そしてひたすら横になって回復に励んだ。今日はやっとだいぶ普通に過ごせた。まだまだBeのヘルプなしでは無理だったけど。
結局Beにもうつってしまって、彼は今度は欠勤中。アンだけがすっかり治って元気そのもの!私とBeがふらふらでも、アンはアンのいつも通りの生活がある。親になると、ほんと風邪などひいてられないですね。
外は春の陽気。家にこもってばかりいたから、早くまたアンを散歩に連れていってあげたいな。
[PR]
by annebm | 2006-04-05 05:02 | ノートブック
<< 春がここにも、あそこにも。 ウォンバット。 >>