秋はじめの一杯

f0037112_5563753.jpg

ここ数年、この国の夏の終わりと秋の始まりの境目がぼんやりしていて、
そういうとても些細なことを人生の愉しみとしている凡人の私としては(笑)、
納得いかない、つまらない、煮え切らない思いが続いていました。

わりと冷えることも多い夏だったので、でもまだ朝の紅茶が「キリッ」としていないから秋じゃないなと思いながら、なんだか半信半疑。
もうひょっとして秋なの?と。

でも、先週の月曜日ロンドンに遊びに行った朝、秋を自分の中で感じました。

朝の一杯が身にしみる。

紅茶が突然キリリとシャープになって、美味しくなる。

気温と香りがもうすっかり、秋の朝です。

振り返ると、ブログを書き始めて5年近く。
毎年この時期になると、同じようなことを書いています。

短い夏に別れを告げて、長く暗い寒い季節に向けての心構え。
そして、温かい飲み物が美味しくなって、家にいる時間が楽しくなる時間へのわくわく感。
みたいなもの。

この季節はアールグレーを濃くいれて、ミルクたっぷりのお茶が好きです。

でも、最近はまってしまったのがホットチョコレート。

ロンドンで、長年お話させてもらっているブロガーさん達とお会いする機会に恵まれました。
さおりさんからお土産で頂いたものの一つ、アイルランドのButlers Chocolatesのホットチョコレート。
大きなチョコレートの欠片を丸ごと、ホットミルクで溶かしてできあがりなのですが、
チョコ好きな私としては素晴らしく贅沢な一杯。
アンを学校に送ってから、ほっと一息、はまってます。
さおりさん、ありがとう!これリピートしちゃいそうです^^


お茶をいれる時間の音が、香りが鮮明になり、丁寧になるこの季節。

この変わり目がなぜかとても、好きです。

++
日本の台風の影響があまりに凄まじくて、毎日とても心配しています。
お亡くなりになられた方へ心からご冥福をお祈りしています。
そして被害にあわれた方の生活が1日も早く復興いたしますように。
[PR]
by annebm | 2011-09-05 06:19 | ノートブック
<< 秋の夜なべ いつの間に >>