プチ・エコ暮らし、その②。 ~チャリティーショップで宝探し~

イギリスにはどの町にもたくさんのチャリティーショップがあります。
中古品をお店で安く売り、その利益が献金されるシステム。イギリスではいらなくなったら捨てるのではなく、チャリティーショップ行きとなるのは常識です。本やCD、ビデオ、洋服、小物、カーテンや家具まで、とりあえず大抵ひきとってくれるから好都合。家の中を一気に整理整頓したい時なんて、大助かりです。
そして、高価なアンティークはないけれど、チープな掘り出し物が多くて楽しい。「安いなぁ~」といちいち思いながら、ごそごそと探すのが大好きです。
チャリティーショップで買ったもの、いくつかご紹介♪

f0037112_412528.jpg
朱色のコーヒーカップ。6つセットで500円くらい。

f0037112_414351.jpg食前酒用の小さなグラス。シェリーグラスでしょうか。私はこれでワインやビールも飲みます。

f0037112_4154598.jpg額付きの小さなボタニック画。2つセットで200円くらい。

青い魚。バスルームの壁につらしてある。180円くらい。f0037112_4164626.jpg









f0037112_4194864.jpg
陶器のポプリ入れ。花びらやレモンの皮を乾燥させてポプリを作り、この容器に入れて、エッセンシャルオイルをたらします。80円くらい。

キャンドル立て。100円くらい。f0037112_4183091.jpg




ショップの他にも、たまに、あるチャリティー団体が各家庭にビニール袋を配り、いらない洋服などの回収を呼びかけたりもしています。
ものを無駄にしないという心は、イギリスでじっくり学んだ気がします。でも最近は、やっぱりどうしても新しいものが好まれる傾向にあるような。それは世界中どこでも同じでしょうね。古いものこそ味があってすてきだし、もったいないと思うんだけどな。




生クリームが余っていたんで、久しぶりにスコーンを焼いたけど・・・。f0037112_411249.jpg
小麦粉をふりかけて焼かなかったからか、火加減か、パンみたいな見た目のものになっちゃった~。
スコーンほど簡単に作れるお菓子はないのになぁ。がくっ。
でもクリームとラズベリージャムたっぷりのっけて食べたら、おいしかった♪
f0037112_412097.jpg明日土曜日は、ノーフォーク州に住むおばあちゃんに会いにいく。長いドライブ中つまめるように、ビスケットも焼いた。黒ごま入り。
アンが寝ている間にするお菓子作りは、まさに一発勝負。だってオーブンで焼いている真っ最中に泣かれたりすると、もうおわりだもの。だからイビツなカタチでも・・・おいしかったらいっか。
[PR]
by annebm | 2006-04-08 04:26 | エンジョイメント
<< 楽しいお休み一日目。 春がここにも、あそこにも。 >>