思い出ほろり。


f0037112_493399.jpg

旅疲れに、ウーの時差ぼけでろくに眠れない日々が続いていたこと(夜中の3時半に「キラキラ星」の歌声がウーの部屋から聴こえてきたり^^;)、
そして戻ってきたらびっくりするくらい寒いお天気で、体調を崩してしまいました。

火曜から通常だったので、不調のまま、アンの学校の送り迎えなども非常に辛い1週間でした。
久しぶりに風邪らしい風邪をひいてしまって、冬のように暗くて寒くて。

子供達は幸い元気だったので、助かるような大変なような^^;

疲れのたまったBeにはとうとう移ってしまいました。
疲れた時の睡眠って、本当に大事ですね。
これでぐーっと起こされずに1日寝れたら、多分平気だったのに、なんて思います。
f0037112_4101424.jpg

日本にいた間はずっとお日様が出ていて、持っていった暖かい洋服の半分出番がないくらいでした。
暖かいため紅葉も遅れているようで、山の方がちょうど色付いて来た頃に帰らなくてはならなくて、残念でした。
でも、コスモスがとても美しくて、いたるところで見る柿の木も懐かしかった。
f0037112_4105327.jpg

思い出は書き切れないほどたくさんあるけれど、どれもシンプルなもので、
子供達が父や祖母、姉達とたくさん笑って遊んでもらっていたことが、やっぱり1番嬉しかった。
f0037112_4112879.jpg

毎晩みんなで囲むごはんや、美味しいお酒ももちろんのこと。
父が嬉しそうに、誕生日のお祝いのケーキのキャンドルを吹き消したこととか、
姉が子供達とかくれんぼしていた笑い声とか、
祖母が一緒に粘土遊びしてくれたこととか、
あまりに普通なんだけど、多分ずっと忘れないと思う。
f0037112_412031.jpg

前回の里帰り中に公園で知り合って、その日お家まで呼んでもらったことから付き合いが始まったご家族がいて、また再会できたことも嬉しかった思い出のひとつ。

3人きょうだいと、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの大きな家族なのだけど、私達を本当に家族のように迎えてくれる。
今回も何度か遊んでもらって、ごはんも頂いたりした。子供達のマラソン大会も応援に行きました。
f0037112_4123414.jpg

私は母をすでに亡くしてしまったので、我が家も以前そうだったような、こういう大きな家庭にお邪魔させてもらって、すごく嬉しい。
アンとウーも一緒にごはんを食べて、お箸の使い方もぐんと巧くなった。
子供達もみんな仲良くなって、バイバイする時、涙が出そうだった。
もうひとつ帰る家族が地元にできたことは、心から幸運だと思う。
f0037112_4131433.jpg

f0037112_4135351.jpg

アンは帰る3日前くらいから毎晩「帰りたくない、ここにいたい」とずっと泣いて、
戻ってきた翌日の朝も大泣きしていた。
でもまた学校に戻って忙しい日々に慣れて、行ってきたことが夢みたいだね、なんて言ってます。

ほんとに、楽しい時というのはいつも終わりがあって、その瞬間は切なくて悲しいような、不安な思いが過るけれど、過ぎてしまえばまるで夢のようで、また現実スイッチは入るものだ。
心配しなくても、今に留まりながら、季節はうしろでしっかりと巡っていく。

病み上がりでまだぼーっとする頭で、そう、思います。

[PR]
by annebm | 2011-10-31 04:49 | ノートブック
<< 刻印 家 >>