6歳のお誕生会

f0037112_7521313.jpg

カード作りは毎年Beの役目になりました。アンの好きなキャラクターの絵を描くことが多く、去年はキキ、今年は小人のアリエッティでした^^

お天気に恵まれた日曜日、アンの6歳のお誕生会をひらきました。





f0037112_7564879.jpg


アンの学校の仲良しさんを4人だけ呼んで、ささやかに去年と同じようなホームパーティーをしました。
みんなでゲームをしたり、プレゼント交換をしたり。
軽食を食べた後には、お好みのトッピングなどをのせたパフェ作りもしました。

私とBeは幼稚園の先生のように汗をかきながらのお世話ホストで、大変だったけれど、子供6人揃うとわいわい大盛り上がりで、2時間はあっという間。
f0037112_7581425.jpg

f0037112_7584211.jpg

アンが「プリンセス&プリンスパーティーがいい」とテーマを掲げて、
「バースデーケーキはチョコレートケーキ、でもブルーとピンクの色もいれてね」という細かいリクエストもあったのですが^^;、プリンセスになりきっているのは白雪姫の衣装を着たアンだけ(笑)
ウーもただの普段着でしたが、アンはお姫様になりきって、ウキウキでした^^
f0037112_7592115.jpg

f0037112_811655.jpg

f0037112_815397.jpg

スマイリーフェイスのジャムサンドピスケットや、
お友達に渡すパーティーバッグを一緒につくったりして、自分のお誕生会を準備する楽しさも思い出になってくれるといいな。。
f0037112_822838.jpg

f0037112_825564.jpg

このブログを書き出したのは、アンが生まれたからすぐのことだったので、
もう6年が経過してしまったのかと思うと、信じられない気持ちになります。

私の母が、私の誕生日の日になると必ず、私が生まれた日のことや、出産が大変だったことなどを話してくれたものです。

私も、6年前のこの日の空気の冷たさや青さとか、アンが生まれた翌日に一気に冬になったこと、
痛みに耐えてBeの手を潰れるくらい握りしめた時間の、病棟の闇の色とか、
つい、アンに語ってみたくなりました。


あんなに小さく生まれて、子猫のようなあなたが、
いつしかなんでもできるようになって、本当に手をかしてくれるようになって、
聴いてくれるようなって、言ってくれるようになった。

ふと見る横顔があまりに美しくて、大人びていて、時々どきっとするようになりました。

あっという間に、ひとりの素敵な女の子になっていくのですね。

私はあなたとの直接のリンクが少しずつ薄れて、これからより一層「一個人」としてあなたが成長していくことをすでに知っています。

でも、それは祝うべきことであり、また新たなリンクができていく喜びの過程であります。

いつでも私達にとって、あなたは「天使ちゃん」であるとともに、
ひとりの人として、生きていくこと。


「6歳、何をがんばりたい?何をもっとチャレンジしたい?」と
お誕生会の後プレゼントを抱えて会いに来てくれたおばあちゃんとおじいちゃんに訊かれると、
一瞬、うーん、、と考えて、「あれ!」とアン指さしたのはスケッチブックでした。
お絵描きや工作が大好きなアンは、アートをもっとやってみたいそうです。

それを聴いて、一番喜んでいるのは、星になってしまった私の母、アンの「ばば」かな。。

狭い我が家にまた新たなアンアートの落書きが、山とたまっていきそうな予感です。
f0037112_555044.jpg



+コメント欄ずっと閉じていましたが、今回は久々に開きます。
ただ今体調不良のため、お店douの更新も大変滞っております。ごめんなさい+

[PR]
by annebm | 2011-11-15 08:05 | ノートブック
<< 暮れ douのクリスマス-お知らせ- >>