「ほっ」と。キャンペーン

devil's sweetsとスリムパンツ。

f0037112_8462768.jpg


気温は日中上がっても、朝は冷えたり、雨が続いたりしているイギリスです。

アンが5つでフルタイムのスクールに通い出した半年は、Beは在宅ワークを許されていたので、車を出してもらって一緒に送ったり、彼に行ってもらったりしていました。
以来仕事が完全にオフィスベースになったので、毎日の送り迎えは私がしています。
私は車を運転しないので(免許と車は欲しくてたまらないのだけど、今のところ機会を逃してばかり)、雨の日も雪の日も風の強い日も、歩いて登校、午後にまた迎えに行きます。

朝、子供達にごはんを食べさせて、パックランチを作って(日本のお弁当じゃなくてよかった)、アンが着替えた後は髪を結って、歯磨きをさせて、自分も急いで用意して、ウーのトイレを手伝って、着込ませて(冬は大変)、忘れ物ないかチェックして、ウーの靴を履かせて、バギーを出して時間通りに出て、学校まで早足で歩くこと20分ちょっと。
坂道の上の学校なので、どんな日も着く頃には汗だくになっている私。

アンのクラスに入って、一緒に練習帳や課題をやって、バイバイした後、やっとほっとしますが、雨の日だって風の日だって、遊びたいのが子供。
ウーをその足でプレイグループに連れて行く日もあれば、小雨の中公園で遊んでくることも。

午前中戻ってくると、ウーの着替えや、今度は泥だらけの長靴を洗って、片付けたり、ウーに果物を切ってあげたりなどしている間、お湯をケトルでわかして、
やっとやっと待っていた一杯にありつけます。

私は甘いものも大好きだし、食いしん坊なのでダイエットはしませんが、
ここ数年朝ごはんはとらないことが、自分にはちょうどいいと分かって、朝は白湯をたくさんと、用意しながら急いで飲む紅茶一杯だけです。
朝食べないと力が出ないと思う人も多いかもしれませんが、私達は自分で思っている以上にカロリーをとっているので、朝を抜くくらいがちょうどいいわけで。

私は、暖かい季節は朝全くお腹を空にして、水はたくさん飲むけど、摂ってもフルーツだけとかで、お昼にはまたパンだと重いから、山盛りサラダだけなどでちょうどいいんですよね。

でも、冬の寒い日はやっぱり食欲に結びつく。
帰ってきて、お茶を飲もうとすると、甘いものが食べたくなるし、ランチもバターと蜂蜜をたっぷりぬったトーストとかも口にしたくなります。

義母さんが作ったクリスマスケーキのお裾分けをティン缶に保存して、
そんな朝、ほっと一息つく時に一切れ、頂きます。
甘好きの私でも、ロイヤルアイシングの層はさすがにカットオフして(笑)

だんだん残り少なくなってきて、これがなくなる頃には毎年、春がくる。

季節ならではのそういう食生活の変化があるのは自然だし、私は基本的にはいつでも全然ストイックじゃなくて、むしろ食べたいものを食べる方がいいと思う。
ただ、食べ過ぎないことだけはできるだけ気をつけたいし、週で食事のバランスをきっちりとって、運動や呼吸法などは継続していくこと、あとは水をかなり飲むこと。
冷たい水は身体を冷やすので、ぬるま湯を自分で作ってボトルにいれて、持ち歩きます。
1日に1.5lは飲むように。ハーブティーでもいいですね。

なんでもそうだけど、バランス、なんだと思うんです。人それぞれの。


20歳の時にパレスチナのボランティアキャンプへ参加して、夏の中東の暑さと慣れない環境にもまれて痩せこけて、その夏日本へ帰った時飛行機で履いたスリムパンツがあるのですが、私にとってそれはメジャーみたいなもの。
今なら絶対に長旅で疲れる、飛行機では履きたくないような1枚。
2度の出産後、これがまた履けるまでと、自分で馬鹿みたいにプレッシャーをかけて(笑)
最近食べ過ぎているなと思った時とか、テストする。履けるかどうか(笑)
骨盤が少し開いてしまったこともあるし、心地よく履けない頃もあったんですが。
寒い冬、厚手のタイツの上から履いて、学校の送り迎えをする私。
そこには母親ではなくて、女の意地がありますから。

ちょっと下らないけど、こういうことで自分を奮い立たせてみる。


ママ業でへとへとになって、やっとたどり着いた一杯とおやつには心から、
「thank God」と思いつつ、また意地を張ってスリムパンツを履いて歩く、のです。

[PR]
by annebm | 2012-02-23 09:37 | デイリーライフ
<< キラキラリ。 白い紙に、なに描こう。 >>