母、思ふ。

f0037112_454551.jpg
先日ベビークリニックに行って、久しぶりにアンの体重を測ってもらいました。
予想通り、「足りていない!」「ちゃんと食べさせているのか?」とヘルス・ビジターに言われてしまいました。月齢体重のカーブ線の下になってしまっているみたいです。
来月から3食だなと思っていたのですが、少し早めに軽い朝ごはんも始めることにしました。
ばくばくと何でもたくさん食べているし、お乳も飲んでいるし、元気なんですが、小さい分身体的発育はちょっとのんびり屋さんかもしれません。匍匐前進もはいはいをする気配もなし。支えれば喜んでたっちするけど、自分からつかまり立ちはまだしません。寝返りもうったことなし。
かなりレイジーです(^^;)
f0037112_4553232.jpg何度も倒れて頭ごちんはしつつ、お座りは上手になりました。
プレイグループで月齢の近い他の赤ちゃんを見るととてもがっしりしていて、必死に体を使っている様子。
みんなそれぞれ違うのだから・・・とよく分かっていても、「すごく小さいのね」「え?8ヶ月?」とばかりしょっちゅう言われると、つい心の中で不安がよぎってしまいます。
でも、温かい言葉を掛けてくれる、経験のあるお母さん方もたくさんいてくれて、助かっています。
目に見えるものばかりに捕らわれないで、今アンが感じていることを、親の私がちゃんとキャッチしてあげないとな。

すぐあたふたする母親とちがって、父親のBeなんて、ほんと、もっとゆったり構えています。
「だいじょーぶだよー」なんてのんびりしてる彼に、
「アンのごはん作ってるのは私なのよ!おっぱいあげてるのも私なのよ!」
と不安をぶちまけて怒鳴ってしまいましたが、
確かに、もちろん、「だいじょーぶだよー」。
[PR]
by annebm | 2006-07-29 05:00 | ノートブック
<< つながりのカケラ。 ● ひとりごと ● >>