ロビンと紅茶と林檎の木。

f0037112_4545441.jpg

週末は義両親の家でお泊り。
今回アンは人見知りすることなく、たくさんグランダとグランマと遊びました。
おしゃべりさんで、ずっとにこにこ顔でした^^

降ったり晴れたりするお天気の下、森のような義両親のお庭を探検。
赤い実をたくさんつけた林檎の木。Beは幼い頃、お兄ちゃんとボールを投げて林檎を落とすゲームが大好きだったと言っていました。その林檎はとても酸っぱいのだそう。f0037112_4554879.jpg
別の木の上で、ロビン(コマドリ)が歌っていました。













f0037112_4564136.jpg

「ほら、あそこにいるよ!」とグランマがおしえてくれると、アンは大はしゃぎ。
ワイルドなお庭は秋のいい香りがしていたので、私は鼻の穴を大きく開けて、深呼吸ばかりしてしまいました。

ずっとグランマに抱っこされていたアン。
グランマが飲んでいた紅茶のカップをいじりたくて、いじりたくて手を伸ばしていると、グランマ「お茶が飲んでみたいのね?ほら」と言って、指にちょこっとお茶をつけてアンに何度か舐めさせていました(笑)
義母は自分の愛犬にもそうやってワインやウイスキーを味見させていることがあります。
紅茶はまだいいけど、アンにお酒の味を覚えさせるのは・・・もう少し後にしてください~^^;


ロビンや林檎の木を見たり、お茶を飲んだり、イングリッシュな秋の日曜日を過ごしたアンでした。
[PR]
by annebm | 2006-09-25 05:04 | ノートブック
<< 雨の日にはジャム作り。 冷蔵庫ギャラリー。 >>