この道の果て。

f0037112_2216217.jpg

週末は久しぶりに義両親の家へ。
やっと雨が上がった晴れ間に、犬を連れて田舎の麦畑を散歩しました。

ここ数日考えることが多くて頭ばかりフル回転。心がついていけず、言葉ばかり先走ったり、落ち込んでしまったり。
「この先どうなるんだろう」なんて、なんて無意味な不安だとわかってはいるのです。
でも深刻なテロや天災が耐えない今の時代。世間一般でみなされる安心、安全、安定ばかりを追って、型にはまろうとすることで、気休めに生きれる時代ではもうないと思うのです。今こそ本当になにが大切か見極めれるか。そして自分の直感と瞬発力と行動力に従えれるか。むしろそういう能力というか、潜在意識に、これからってかかっているような気がします。f0037112_22164764.jpg
大好きなイギリスに住んでもうすぐ10年。田舎にくると「やっぱりいいなあ」って感じること、たくさんあります。いつか南西のバース辺りに古い家を持って、大きなお庭にハーブやお花をたくさん育てて..そんなこと夢にみたり。
でもまだこの国で定住ということが感じられないのです。本当の家というのは、いつかきっと、タイミングが合えば自ずとルートができるのでしょう。
f0037112_22174061.jpgいつか日本に住むのもいいなとずっと思っていたけれど、なかなか踏み切れず今まで来ていました。それが今年母が体を壊し、そのヴィジョンもぐんと私達の目の前に浮き出てきました。でも考え出すと難しい。計算して頭ばかりで考えると人間欲ばかりになってしまって、根本の大切な部分がずれていくような、そんな気がします。
今はまだ先なんて見えないのだから、本当は正しいと感じる道をただまっすぐに進めば、それでいいのでしょう。それはいつも、「正しい道」、なのだから。

どこまでも続きそうな長い長い道。でもふと顔を上げてみると、美しい景色が一気に目に飛び込んで、思わず笑顔がこぼれます。道ばかりみないで、私は顔を上げて、景色を楽しんでいたいと思います。
[PR]
by annebm | 2007-07-24 22:23 | ノートブック
<< あの夏の。 大きな世界。 >>