Something 4 or Something more。

f0037112_22453088.jpg

ビクトリア時代から慣わしとなっている、『Something 4』。
結婚式当日に花嫁が身につけると幸せになる、と言い伝えられているもののことです。
1 Something old、何か古いもの。祖父母か両親から受け継いだもので、家族の絆を表します。
2 Something new、何か新しいもの。花嫁の未来を表します。
3 Something borrowed、何か借りたもの。すでに家庭を持っている人から借りることで、幸せをちょっとお裾分け。
4 Something blue、何か青いもの。青は永遠性、清らかさの色。

私は古いものとして、義母の家で代々伝わって(たしか4世代くらい)きたという、高価ではないけれど宝物の金のブローチをドレスにつけました。
新しいものは自分のドレス、そして借りたものは私の母からパールのネックレス。
青いものは一般的にはリボンなどを脚に巻いて隠すと義母が教えてくれたので、そうしました。
今朝はそのリボンと金のブローチが入った黒い箱を取り出したり、家族がみんな揃ってお祝いしてくれた式のアルバムを開いたり。一年に一度だけ。
今この瞬間とても幸せだなとこころから思えるのは、Something 4の魔法がきいたから..それとも私のわがままを全て受けとめてくれる忍耐強いBeのおかげかな^^;



f0037112_22514688.jpg3人でスパニッシュ、タパスバー&レストランへ。
Beが仕事を早く終えて、先日連れて行ってくれました。
今日当日の夜は普通におうちごはん。でもちょっと奮発して買ったイタリアンワインで乾杯の予定です。



5年も10年もずっとずっと変わらずに、いつまでも一緒に笑っていたいです。
f0037112_22521492.jpg

[PR]
by annebm | 2007-10-11 22:55 | ノートブック
<< 花より団子。 Beへのカード。 >>