冬のメリーゴーランド。

f0037112_6535128.jpg

クリスマス一色で染まったセンター街に、移動遊園地が出ていました。
アンにせがまれたわけではないのに、なぜか「メリーゴーランドに乗ろう」と思った私。
派手なピンクの装飾で、まったくロマンチックではないメリーゴーランドだったけれど、とても乗りたくなったのです。
プリンセスブームのアンが喜ぶかと思ったら、ひどくいやがって泣き出しそうでした。
黒い馬に一緒に乗りたかったのに、最後まで「ノ〜!」と拒むので、シンデレラ2人が乗ったのはかぼちゃの馬車。f0037112_6543595.jpg
遠くで見守る王子さま(寒そうに立つBe)に手を振って、ぐるっと回転してまた手を振って。
メリーゴーランドってどうしてこんなに楽しいのに、切ないのかな。
ファンタジーの世界なのに、回転して、ふと見てくれている人の姿が消える瞬間、びっくりするくらい切なくなるような気がします。
特に冬のメリーゴーランドは音楽まできんと冷えていて、さらに淋しいかも。

[PR]
by annebm | 2007-12-19 07:01 | ノートブック
<< プレゼント。 クリスマス、クリスマス。 >>