涙と笑いのクリスマス。


f0037112_6562487.jpg

今年も例年通り、あっという間のクリスマス休暇でした。
f0037112_6573382.jpg
ハプニング続きで、慌ただしくて、みんなで疲れて果てたお休みでしたが(笑)、今年は義兄の赤ちゃんも加って、家族全員でお祝いできてよかったです。
主役のアンはプレゼントの山に、グランマが切りなく与える甘いスウィ−ツに^^;、みんなにかまってもらって大はしゃぎ。でも、大きな奥歯が出てきているようで、手を口に入れて突然泣き出して機嫌が悪くなったりして、ちょっと大変でした。

f0037112_658371.jpg
クリスマスの日は大きな七面鳥を6時間かけて焼いて、贅沢なローストディナーを頂きました。そして今年も、義母さんが2ヶ月前に作って寝かせておいてくれた、濃厚なクリスマスプディングとクリスマスケーキは華。プディングは再び蒸し器で温め、食べる直前にブランディーをちょっとだけかけて、火で演出します。ローストディナーにプディングを食べると、もうお腹ははち切れそう。クリスマスケーキは、翌日お昼にみんなで頂いて(イギリスのクリスマス、ものすごいカロリーなのです)、残りはみんなで分けて家に持ち帰って、これからちょびちょびと1ヶ月くらいかけて、お茶と一緒に食べるのが楽しみです^^(お酒がきいているので、長く保存できます)
f0037112_70357.jpg今年はアンのために、お酒をほとんどいれないプディングと、大人用のもの2つも作ってくれた義母さん。ケーキも半分、ブランデーを足さないで仕込んでいてくれたらしいのですが、当日どっち側がお酒が入っているのか忘れてしまって、勘でアンにあげていました(汗)私はアンがもらったケーキの方が、私のよりお酒が強いと思ったのですが。。
「クリスマスだから!」とみんなに押されて、今年はアンに食べたいだけ、義母さんに食べさせたいだけ、自由にさせていました。1年に1度だけ、だものね^^
私は今年もまたミンスパイを作りました。クリスマスのお菓子は濃厚で、大好きです。
f0037112_714238.jpg

そして、アンから私達にクリスマスプレゼントが。
クリスマスの日、初めて自分から突然Beに向って歩いていって、「ダダ、プープー」と言って知らせてくれて、急いでトイレに連れていったら、大成功!トイレでちゃんと用を足してくれたのです。f0037112_725614.jpg
おまるは面倒だなと思っていたので、子供用の便座をつけて、それに毎日1回は座らせていたのですが、ちゃんとトレーニングは始めていませんでした。
休みの間、何度か義母さんがBeと一緒にアンをトイレに座らせて、それはそれは長い時間3人で話していたのは見ていたのですが、まさか突然教えてくれるようになるなんてびっくり。
そして今日家に戻ってきて、また教えてくれたので、このまま上手く続けていけたらなと思っています。(今回はタイミング合わず、失敗したけれど)
子供って大きな家族に囲まれると、一気にステップアップするんだなあと感動しました。
去年はまだハイハイして、小さな赤ちゃんだったけれど、今年は全然ちがう成長ぶりを目の当たりにして、とても胸が熱くなるクリスマスでした。
アンは家に戻ると、突然しんとして淋しかったのでしょう、大泣き。今夜は泣きながら寝床につきました。Beも私も、「大人だってクリスマスの終わりはこんなに淋しいのだから、子供は尚更だよね」と話ながら、なんだかちょっとしんみり。
明日にはまた笑顔が見れるかな。
f0037112_73484.jpg

みなさんも楽しいクリスマスを過ごされたでしょうか。。。^^

[PR]
by annebm | 2007-12-27 07:16 | ノートブック
<< Gone With The L... Merry Christmas! >>