海辺での休暇 ④  ー コーンウォルのおいしいもの ー



       朝からクリームティー屋へ
f0037112_204210100.jpg






f0037112_1291380.jpg

デボンシャーと並ぶ、有名なコーニッシュのクロテッドクリーム(Clotted Cream)。
普通の生クリームより舌触りがなめらかで、バターとクリームの中間のようなもの。スコーンには絶対にこの濃厚なクリームがベストで、そのままアイスクリームみたいに食べてしまいたくなります^^ スコーンとジャム、クロテッドクリーム、そしてお茶のセットをクリームティーというのですが、コーンウォルにはたくさんクリームティー屋さんがあります。
1つでは足りない.. イギリス人は、大抵2つスコーンが付いたセットを頼みます。もちろん私達も。アンに丸ごと一つ たっぷりクリームとジャムをつけたスコーンをあげたら(義母さんが^^;)、まるで夢が叶ったような顔をして食べていました。

このクロテッドクリームが入った トフィー(Toffee)もコーンウォルは有名で、Port Isaacのトフィー屋さんでたくさんお土産を。f0037112_130729.jpg
日本でいうキャラメルなのですが、イギリスのものはとにかく甘いのです。でもコーンウォルのものは特別。
地方にいくと必ず買うハチミツやジャム。ファームショップで買いました。
ハチミツ入りのコーニッシュ トフィーもあります。
f0037112_1311088.jpg

写真はありませんが、他にもコーンウォルには美味しいものがいっぱい。
この地方でとれた新鮮な鱈やロックサーモンを使った フィッシュ&チップスも格別。
普段あまりこういうものを食べない私ですが、コーンウォルのものは味が全然違います。
モルトビネガーと塩をたっぷり振りかけて。
地ビールと一緒に^^
コーニッシュパスティー(Cornish Pasty)という、牛肉やたくさんの野菜が入ったパイも有名。
昔、この地方で炭鉱夫のためのランチだったというもの。
力仕事のため、エネルギーたっぷりのもの、そして中が冷めにくいようにという計らいだったそうです。
仕事なんてせずに のんびりと食べてばかりのホリデー、ちょっと罪悪感。
イギリス人と肩を並べて、同じものを同じ量だけぺろりと平らげてしまうようになりました^^;
11年目の貫禄、自分でもびっくり、そしてがっくり。


*おまけ*

トフィー屋さんでBeが「懐かしい」と手にとった、アルファベットのラムネ。f0037112_132955.jpg
子供の頃、駄菓子屋さんでよく売っていたそうです。
最近全く見なくなったそう。淡い色がとてもかわいい。
久しぶりに食べたラムネの味。私も子供の頃、深緑色のプラスチックに入った、
錠剤みたいな丸いラムネ、好きでした。(今でもあるのかな?)

[PR]
by annebm | 2008-05-21 01:36 | ノートブック
<< ゴンドラにのって 海辺での休暇   ③ ー ブル... >>