母の梅干し

イギリスは3連休でしたが、連日雨降りでした。初夏が来たと思ったら また逆戻りのようです。
肌寒さでちょっと風邪気味。
体調が悪いなという時 必ず飲むのが梅干し番茶。f0037112_6135930.jpg

子供の頃、風邪をよくひいていた私。薬よりまず民間療法を好む母だったので、子供の頃からの馴染みの味。母の梅干しはとても酸っぱくて、いかにも効果ありそう。毎年季節になると、大量の梅干しを漬けていました。仕事を終えて、私達にごはんを食べさせ、食器を洗い、深夜に台所の床で大瓶を並べて 漬けている姿も覚えています。毎年の行事。「漬けずにはいられない」ものだったそう。
そのおかげで年中家には酸っぱくて美味しい梅干しが常備され、風邪の時やお腹の調子が悪い時のみならず、お茶漬けのお供に、おにぎりにと、子供の頃からお世話になってきました。
イギリスに住むようになってから、里帰りした時、宝物みたいに小さな瓶にちょっとだけもらって、持ち帰るようになりました。実家にはまだ去年と一昨年の梅干しの瓶が残っていました。来年また帰ったら、父から分けてもらおう。
母がこんなに早く他界してしまうなんて夢にも思わなかったので、梅干しの漬け方、早く習っておけばよかったと、今は後悔でいっぱいです。

[PR]
by annebm | 2008-05-28 06:16 | ノートブック
<< おさがり好き ゴンドラにのって >>