<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ウォンバット。

オーストラリアで研修中のシルピーとダニエル夫妻が、アンにプレゼントしてくれた「ウォンバット」のお洋服セット。ウォンバット帽子と肌着、ぬいぐるみが一緒になって送られてきた。
オーストラリアというとコアラとカンガルーだとばかり思っていたから、最初見た時、「これ何?」とBeに聞いてしまった。
アンにかぶせてみたら、これがお似合い!ついつい親ばかでたくさん撮ってしまいました。
シルピーとダニエルに数枚Eメールで送ったら、とても喜んでいた。
シルピーは大学時代からの友人。去年6月の結婚式には、私もBeと参列した。その後仕事の都合で一年間オーストラリアに行くことになってしまって、もう半年が経つ。8月にはイギリスに戻ってくるみたいだから、早くアンに会わせたい。今度はコアラの耳がついた帽子とか買ってきてくれたりして・・・?

アンは週末から風邪気味。せきが出て、鼻がつまってちょっと辛そう。今朝プレイグループはやめて、大人しく家にこもることにした。今日は風も強い。2人で家でぬくぬくしよう。

アンのパスポート
[PR]
by annebm | 2006-03-30 18:55 | ノートブック

母の日。

イギリスでは、昨日26日は母の日でした。
Beから「母の日おめでとう」と言われる身になって、少し複雑な思い。でもBeが、「これからアンが大きくなるにつれて、毎年お絵描きとか手作りのカードとかプレゼントしてくれるようになるね」と言ってくれて、わくわくした。
Beからピンクのバラの花一本、私の大好きなスペインの赤ワイン、そしてすてきなメッセージが書かれたカードをもらった。クロワッサンとコーヒーの朝食も用意してくれて、一緒にゆっくりと頂いた。f0037112_17333578.jpg
午後からは毎年恒例、義母さんと義父さんを招いてお祝い。私はBeとたくさんの日本食を作って、4人で楽しい食事をした。義母さんがデザートにと、ドライフルーツがたっぷり入ったスパイス・ケーキを焼いてきてくれて、お腹いっぱい!
f0037112_1734916.jpg私達は義母さんに花束とカードを。私は義母さん達からかわいいバスケットに入った鉢植えと、カードをプレゼントしてもらった。


f0037112_17351634.jpg


昨日アンは母の日にちなんで(?)、一日中不機嫌!
週末たくさんの人に会って疲れていたのか、変な熱も出ていて、朝から夜までぐずぐずしてた。夜中には2度もおもらしをし、散々困らせてくれました。「あぁ、母親になったんだわ」と実感させてくれて、アンちゃんありがとう。
[PR]
by annebm | 2006-03-27 17:37 | ノートブック

ジーン。

f0037112_6471730.jpg


中国系マレーシア人のジーンは、私にとってイギリスで8年来の、大切なお友達の1人。
イギリスでお医者さんとして働いている。
大学生の時から一緒にたくさん笑って、たくさん泣いて、色々なことを分け合ってきた。
彼女とは、共に10代から大人になったかんじがする。
最近はそれぞれ忙しくて、めっきり『女の子タイム』がなくなってしまった。
今日久しぶりに会いに行ったら、どれだけ彼女が恋しかったか痛感して、なんだかせつなくなった。
女友達って、結婚しても、子供ができても、変わらなくかけがえのない存在ですね。
[PR]
by annebm | 2006-03-26 06:47 | ノートブック

NHSよ、ありがとう。

今日の午後は歯科クリニックへ、6ヶ月検診。
去年妊娠するまで、イギリスで8年間1度も歯医者さんへ行ったことがなかった私。
イギリスの国家医療NHS(ナショナル・ヘルス・サービス)は、国民が高い税金を払っているだけあってタダ。NHSの病院なら、手術も入院も出産も治療もタダ。その分、サービスや施設が悪い、対応が遅い、手術の順番待ちが長くてひどいなどと、常に不評や批判も多い。
歯医者さんだけは別で、NHSでもお金を払っての治療となります。
それが、妊娠すると、女性は誰でも妊娠期間から出産の一年後までタダで診てもらえる。
これはとてもありがたい話。私は妊娠中から今にかけて、3回もチェックしてもらった。
NHSの医療はたしかに大雑把ではあるけれど、こういうケアってやっぱりいいと思う。
実際この国で出産を経験してみて、話で聞くほどいい加減では全くなかった。妊娠中のケアは、月一回GP(家庭医院)で簡単な健診だけとか、超音波検査も全部合わせて2回だけ、体重管理も全然なしと、個人任せでわりと適当なことは確か。でも出産当日は、シフトで動いているプロの助産婦さん達が素晴らしくサポートしてくれたし、配慮もよかったし、私はとても感動した。本当にあの病院で産んでよかったと思った。一生忘れない。
やたらボンクラと言われてるNHS。タダで産ませてもらったり、タダで歯をきれいにしてもらったりと、私はもう頭が上がりません!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この前おじいちゃんとおばあちゃんがアンにくれた、おかしなぬいぐるみ。
一応、アヒル。
後ろに手を入れる穴があって、それで口ばしを動かせるようになってる。
すると『グワッ、グワッ』と歌いだします。アンは最初それにびっくりして、泣きました(笑)。

食べちゃえ~!
f0037112_6151986.jpg

[PR]
by annebm | 2006-03-25 06:10 | ノートブック

ベビー・グループ。近所でお散歩。


今日は初めて、近所の教会で開かれているベビー・グループに参加した。
いつものことながらバタバタとしていたら出遅れてしまって、最後の30分しか参加できなかったけれど、とても楽しかったな。
アンは行き道バギーの中で眠っていたのに、赤ちゃんの泣き声や笑い声でいっぱいの部屋に入った途端お目目ぱっちり。初めて会う色々な人に話しかけられて、不思議そうな顔をしていた。
今日参加していたのは親子12組くらい。
ざっと見たかぎりでは、アンが一番最年少。数人のお母さんとお話したけど、1人5ヶ月の男の子がいただけで、あとは大体8ヶ月以上。
私が現在住む町は、以前住んだことのあるケンブリッジやノーリッジに比べて、様々な人種が混ざっている。この教会のベビー・グループにも、白人のイギリス人の方だけじゃなく、アフリカやインドから移民された方もたくさんいる。もちろん、日本人は私1人だけだけど・・・!
最後はみんなで丸くなってたくさんお歌を歌った。そのうち一曲、スパイダーの歌しか知らなかったけど(Beが以前おしえてくれた)、アンと体をゆらゆらしてリズムをとって聴いていた。アンたん、今度一緒に歌えるように、ママがんばって覚えるからね!メロディーは一度聴けば覚えられるんだけど、歌詞がねぇ・・・。「書いてください」とも言えないしな(笑)。メロディーで歌って、Beに何の歌か聞いてみよう。
そして来週はもう少し早く出て、長く参加できるようにしよう。

今日はやっと春日和。
f0037112_4461645.jpgだんだん暖かくなってきた。
ベビー・グループの帰り、近くの公園でお散歩。
まだまだお花が咲いていなくて、さびしいかんじ。
でも見上げると、桜のつぼみが出てた。
青い空に薄ピンクが春を感じさせます。





f0037112_447477.jpg

散歩のついでに
[PR]
by annebm | 2006-03-24 05:09 | ノートブック

Children's Books。


Beの実家の屋根裏に、長年埃をかぶって眠っていた絵本たち。
先日、アンのために数冊もらってきた。f0037112_5491149.jpg
たくさんありすぎて迷ってしまったけど、Beのお気に入りだったものと、クラシックなものを選んだ。
アンは開くと動物が飛び出すカラフルな絵本に釘づけ。私が見ても本当に楽しい。
白くまの『Rupert's』シリーズは、挿絵も白黒で古めかしくてすてき。
Beは一冊一冊に思い出があるみたいで、「この本の~のキャラクターが~だ」とか、「このページで、ここを開けると、ほら!ガイコツがダンスするんだよ!」などとはしゃいで私に説明してくれる。ついつい子供に戻ってしまうのだろうな。
6冊コレクションの『Dr.Seuss's』シリーズは、義父さんと義母さんがクリスマスにアンにプレゼントしてくれた新品もの。このシリーズも昔から有名みたいで、絵も内容もとてもユニークでおもしろいんです。
『Hop on Pop』『 Fox in Socks』などがタイトルの、言葉遊びの内容から、アルファベットを練習する内容のものから色々。英語の言葉遊びはさすがに難しくて、私は一行も舌を噛まずに読むことができません・・・。
私は日本語の絵本を、Beは英語の絵本をたまにアンに読んであげるんだけど、今のところ絵が楽しければどちらでもいいみたい。BeがDr.Seuss'sの言葉遊びの本を必死になって読んであげてると、アンは必ずしびれを切らす。「も~う、うるさ~い!」と言わんばかりにジタバタし出す。そりゃ、赤ちゃんに「なまむぎ、なまごめ、なまたまご」とか、「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ」とかって言ってるようなもんだからなぁ(笑)
[PR]
by annebm | 2006-03-18 05:34 | エンジョイメント

春まであと一歩。

久しぶりに見る青空!
お日さまがぽかぽか気持ちいい。春の匂いがする。
昨日も一昨日も雨が降っていて、風が強く、寒かった。もうミジメになっちゃうくらい。
それが突然今日は春日和。
イギリスの晴天に保証はないから、とにかく晴れている時に出る。明日にはどうせまた雨だったり、雪がちらついたりするんだもの・・・。

歩いて20分くらいの図書館で開かれてるベイビーグループに顔を出してみた。
ベイビーグループというより、トドラー(幼児)グループで、5歳以下の子供なら誰でも参加できる。
アンはまだ4ヶ月だからちょっと小さいけれど、色々なお母さん達に出会えるチャンスとして、自分のためにこれから参加しようと思ってる。今日はたまたま担当の方がお休みで、開いていなかった。来週また行ってみよう。
そして明日木曜日は、近所の教会で別のトドラーグループがあるみたいだから、それも見てくる予定。自分で積極的に機会をつくらないと、なかなかママ友はできない。まわりに友達は多いのだけど、やっぱり子育て情報を交換できるのは、ママさんだものね。
なんだか最近育児本を何冊か読んでいたら、余計に心配や不安ばかりが出てきてしまった。もっと経験者の方と直接ふれあって、色々と聞いた方がよっぽど健全。アンにとっても、自分にとっても。
これから春はどんどん外に出るぞー♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも散歩で通る、かわら屋根のすてきなおうち。
メインテナンス大変だろうけど、やっぱりいいよなぁ。いつかこんなおうちに住みたいな。
f0037112_0154161.jpg

[PR]
by annebm | 2006-03-16 00:19 | ノートブック

いろんな夫婦のカタチ。

雪の日曜日の午後、Beの大学時代からの友人カップル、ジョンとケイトに会いに行った。
彼らは大学一年生から付き合いだして、その後8年間ずっと一緒に暮らし、去年の夏に結婚した。ウェールズの古いお城での結婚式は、とてもすてきだったなぁ。古くからの友達もたくさん参列して、私も7ヶ月のお腹を抱えながら、シャンパンとワインが飲みたくて飲めなくて悔しい思いをしつつ、二次会で夜中まで踊ったっけ。f0037112_5475934.jpg
卒業してから2人はロンドンで働いていたのだけど、去年のクリスマスに新しい家を買い、この町に戻ってきた。2人共いい仕事をして、安定したいい暮らしをしていて、ステップにぬかりがなく確実で、なんだか『教科書』みたいなカップル。常に余裕があるように見えてしまう。そしてその余裕が、ちょっとうらやましくなってしまう。それは多分、はたから見たら・・なんだろうということは、よくわかっていても。
アンはケイトにずっとだっこされて、嬉しそうだった。ケイトは母性があふれてて、いいお母さんになるだろうなぁと思って眺めていた。でも、2人はまだまだやりたいことがあって、当分子供は考えていないらしい。

そして夜、Beがノーリッジ時代の職場友達だったリーに久々に電話をかけたら、奥さんのポーラと冷戦状態だと言う。彼らは私達と同じ年に結婚して、1歳半になるオリバーくんがいる。私達がノーリッジに住んでいた頃、よく4人でお互いの家に行ったり来りして、ごはんを食べたりしてた。ポーラは年上なんだけど、アーティスティックで、とてもウマが合い、大好きだった。私達がケンブリッジに引越してから、なかなか会えなくなってしまったけど、それでもたまにBeが電話したり、カードを送り合ったり。アンが生まれて少し連絡が途絶えてしまっていたら、このショックなニュース・・・。すごく大好きなカップルだから、なんとかまたよりを戻してほしいと心から願ってる。

夫婦それぞれいろいろだなぁ、としみじみした日曜日だった。
そして、私は何にも変えれないBeとの暮らしを、大切にしていきたいな、と。なんだかせつなくなってしまった。
[PR]
by annebm | 2006-03-13 05:54 | ノートブック

プチ・エコ暮らし、その①。

アンを産んでからというもの、掃除は『できるだけちょこちょこ』をモットーにやっている。
常にどこもかしこも清潔にして、ちょっとでも散らかってると嫌・・なんていう生活は、遠い昔のことみたい。今では週に一度ばーっと掃除機をかけ、できる日にさっと拭く、磨く。気になる埃や塵は、見て見ぬフリもしょっちゅう。
アンをバウンサーに置いて掃除をするんだけど、やっぱり心配なのが化学製品。
健康オタクの母の影響で、以前から『自然なもの』を意識して生活してる。キッチンやお風呂場、トイレに使うクレンザー製品って、体と地球に悪いものがとても多いですよね。アンがいる家で、そういう匂いの強いものはできるだけ避けたい。そして、前よりもっと地球の未来のことを考えるようになった。小規模でも、地球にやさしい暮らしをしていかなくちゃなぁ。f0037112_54392.jpg
例えば、簡単に手に入るものとして、エコでナチュラルな洗剤。お皿は毎日洗うから。いつも買うメーカーは、Ecover。こちらのどのスーパーでも売ってます。私はこれを更に水で薄めてる。
アンが近くにいても安心して掃除に使えるのが、重曹。重曹は殺菌や匂い消し効果が抜群。水まわりやコンロ、シンクなどの汚れ落としだけじゃなく、冷蔵庫の中やまな板の匂い消しにと、色々便利。グラス磨きにも最適。ぴかぴかになる。
義母さんが教えてくれたのは、モルト・ビネガー。(麦芽のお酢) これを水で割ったものを、拭き掃除に使う。匂いがちょっときついから、私はそれにペパーミントのエッセンシャル・オイルを数滴いれてます。大きなビンに作っておいて、いつでも使えるように。
他にも以前姉から聞いてやっているのが、使ったティーバッグを乾燥させてとっておくこと。これで油のついたフライパンを洗剤なしで磨けたり、玄関に置いて匂い消しになったり。
エコライフって経済的だったりするから、一石二鳥♪しょせん自己満足のレベルなんだけど、けっこう大切ですよね。

More 課長の頭その後
[PR]
by annebm | 2006-03-11 05:19 | デイリーライフ

Beのいない日。

週末はお天気もよくて楽しかったなぁ。
超久しぶりにバーガーキングでチーズバーガーとポテト、コーラというジャンクフード・ランチをして、カフェでモカ・チーノを飲んだり、アンの布団を買ったり、義父さんと義母さんが家に遊びに来てくれたり。
毎度のことながら、義母さんはアンに新しい洋服を買ってきてくれた。私とBeには、お花とチョコレート。あと、なぜか新品の「家庭医学と応急処置」という分厚い本もくれた。うーん、ありがたい・・(汗)

そして月曜日。お天気は冴えない。寒くて暗くて雪まで降ってる。
Beは泊りがけでロンドン出張。気分が下がる。
付き合って5年、結婚して3年以上が経つというのに、今だに離ればなれが下手な私達。のろけているわけじゃないんだけど、1人より2人の方が楽しいんだもの・・・。家に一緒にいる時は、それぞれ各自が好きなことやってたりするし、それぞれ友達に会いに行ったり、出掛けたりするのも好き。ただ、一日のおわりには一緒にいる、というのがいい。だから、泊りがけになると、どうも気分が下がる。Beも私も。
昨日からずっと「行かないで~」とだだをこねていて、「いやだな、いやだな」と思ってた。Beが朝早く出て行ってしまって、淋しい。そんなエナジーが低い朝は、ろくなことを引き起こさない。朝一の授乳中、アンは背中までうんちを大おもらし!着替えさせていたら、今度はおしっこもらし!仕方なく朝風呂できれいにする。しょっぱなから疲れた。そして心の中で、「いやだな、いやだな、Be明日の夜にしか帰ってこないのかぁ」とばかりしつこく思ってしまい、寝不足と疲れでへろへろな頭も更に朦朧とする。そんな日に限って、何も予定がない。アンはろくにお昼寝しない。散歩に出ようと思うと、途端に大雪が降り出す。アンは機嫌が悪い。私も昼寝がしたくて、できなくて、元気がなくなる。夕飯を急いで済まそうと思っても、アンはぐずぐず、えんえん。最後、疲れ過ぎてるアンを寝かせつけるのに、いつもより倍時間がかかってしまった。
あー、疲れた。今夜は私もとっとと寝よう。Beがいないとだめだなんて、情けない。でもたまにそう感じる日があると、なかなか夫婦間も新鮮かも?とにかく早く明日が来ますように。おやすみなさい。
[PR]
by annebm | 2006-03-07 05:12 | ノートブック