<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SAKAMOTOと思い出の山。

f0037112_57595.jpg

秋から寒い冬に入るシーズンになると、ピアノの音が聴きたくなります。
日本の義兄が大ファンで、彼の影響を受けて私達も聴くようになった坂本龍一。前回里帰りした時義兄がBeにプレゼントしてくれたこのアルバムはピアノ曲オンリーで、Beのお気に入りの一枚になりました。
坂本龍一のピアノは、淡々とした寂しさと孤独があるように聴こえます。深く、でも浅く。
まだ新しい家も見つかっていないものの、少しずつ家の整理を始めました。できるだけものを減らそうと、今回は思い切って捨てるものは捨てる、リサイクルできるものは出す、という方針で。
いつも悩むのが古い手紙。学生時代からのものがたんまりととってあるのです。毎回引っ越す度に減らしていってはいるものの、今だにダンボール箱にいっぱい。
日本の家族や友達からのエアメール、昔のボーイフレンド達からのラブレター(なんでとってあるんでしょう!)、そしてBeからのカードなどなど、思い出深いものばかり。とっておきたいものを選んでいたら、全然片付かなくて困っています。
ここ毎日坂本龍一のピアノをBGMに、思い出の山に埋もれている私です。
アンはその横で手紙を口に入れてばかりで、山羊みたいです。

埋もれながら
[PR]
by annebm | 2006-10-28 05:05 | デイリーライフ

● おしらせ ●

大学1年生の夏休み、3ヶ月間の帰省中にアルバイトをして自分で買ったラップトップが
先日他界してしまいました。
そんなに古いものをよくここまで使ってきたなあと、我ながらびっくり。
大学時代このパソコンに向かって泣きながら論文を書き上げた日々や、日本の家族や友達から送られてきた思い出深いメールの数々など、
そのラップトップなしでは私の生活は成り立ちませんでした。
愛着といったら大げさだけれど、やっぱり壊れてしまった時は一瞬相棒をなくしたようで、さびしくなってしまいました。
これからは少しの間、慣れないBeのMacをかりての日々となりそうです。とほほ。
使い方がいまひとつわからないので、写真など載せることがあまりできないかもしれませんが、できるだけ更新は続けていけたらなと思っています。
また私的なことではありますが、クリスマス前に突然引っ越ししなくてはならなくなってしまい、当分家探し、荷造りに明け暮れることになりそうです。

更新もみなさんのところに遊びにいくことも、少しのんびりペースになってしまうかもしれませんが、これからも末永くおつきあいくださいませ★
[PR]
by annebm | 2006-10-23 01:28 | ノートブック

おいしい本。

f0037112_450375.jpg日本在住のお友達の方が、先日こんなすてきな本をプレゼントしてくれました。
雑貨・料理スタイリストでいらっしゃる伊藤まさこさんのお名前は雑誌などで見たことがありましたが、彼女の本ははじめて。
伊藤さんのお母さまの家庭料理を、思い出のエピソードなどと一緒に綴られたレシピ本で、読んでいてとてもあたたかい気持ちになる一冊です。
そして素晴らしいレシピの数々!
いかにも家庭的、だからこそシンプルといったものばかりで、真似してみたいアイディアがたくさんあふれていました。f0037112_451769.jpg
特にここずっと『保存食』を作ってみたいなぁと思っていたので、ドライフルーツのアルコール漬け、にんにくみそなど、わくわくしてしまいました。
午後アンのお昼寝の間にコーヒーをいれて、1ページずつじっくりと読んでいるこの頃。

すてきな本を本当にどうもありがとう^^
おいしそうなお茶とお手紙も一緒に送ってきてくれました。
封筒の中には赤い落ち葉が。
そっとその気持ちも届きました。
[PR]
by annebm | 2006-10-20 04:53 | ノートブック

ほっかほか。

f0037112_5482857.jpg

Beが風邪気味なため、週末は久しぶりに家でまったりしました。
Beにアンを任せて、私は午後からずっとキッチンに立ちっぱなし。
アンの離乳食の作り置きをしたり、かぼちゃを煮たり、冷蔵庫の中を整理したり、いそいそと動いていました。

私達の大切なお友達が今色々と悩んでいる様子で、とても心配なこの頃。
Beが夜会いにいく予定だったので、何かおいしいものでも持っていってもらおうと、アップルパイを焼くことにしました。
緑色のすっぱいブラムリー・アップルを使って。
パイ生地も作りました。
レシピはJamie Oliver(ジェイミー・オリバー)のもので、ポイントはパイ生地にもレモンの皮を入れること、そしてフィリングの林檎に、生姜のパウダーでスパイスをきかせること。
ラフな見た目、そしてカタチも崩れてしまったけれど、「元気になれ~」とお祈りしながら作ったので、きっとにっこりしてくれるはず・・・。

パイと一緒に、彼の大好きなコーヒー豆も持っていってもらいました。
今頃男2人、甘いものとコーヒーで、秋の夜長語り合っているのかな。

アンの足元も
[PR]
by annebm | 2006-10-16 06:01 | ノートブック

2羽の鳥。

f0037112_1738794.jpg
週末にお祝いをしたものの、昨日は結婚記念日当日。
Beにはネックレスを買ってもらったので、「もうお祝いのプレゼントはいらないからね」と言っていたのに、
夜用事から戻ると、テーブルの上にきれいな包装紙とカードが置いてありました。
Beはいつもそう。私に何かと色々とくれるのです。ただの消費家?(笑)
包みを開けると、私の大好きなオードリー・ヘップバーンの顔が飛び出しました。f0037112_17384982.jpg
以前日記に書きましたが、去年の記念日にはオードリーの息子のショーンが書いた本をプレゼントしてくれました。今回もらったのは、オードリーのファッションに関する写真集。これもまたすてきなショットやエピソードが盛り沢山で、これから1ページずつゆっくり楽しむ予定です。


f0037112_17392789.jpg
かわいいフェルトの生地でできたカードには、「このカードのように、今ではぐんぐん道を突き進むファミリーのボスはアン、僕達はアンについて上を飛んでいる2羽の鳥だね」と。

小さなボスが導く2羽の鳥は、どこへ行くのでしょうか。

Beに贈った詩
[PR]
by annebm | 2006-10-12 17:41 | ノートブック

4年。

f0037112_525353.jpg

11日が4度目の結婚記念日なのですが、その日は平日、また残念ながら夜は用事があって出かけなくてはならないため、週末早々とお祝いすることにしました。
どこかへ行こうなんて話していたけれど、ここずっと忙しい週末が続いていて、ちょっとお疲れ気味の私とBe。今年は(も?)地味に過ごすことにしました。
土曜日の夜は手作りのピザと、ピンクの泡で乾杯。
日曜日は町で飲茶ランチをして、その後散歩がてら式を挙げたホテルまで行ってきました。
4年前と同じ、秋の黄色い木々の道。

f0037112_52646.jpg
変わった気持ち。変わらない気持ち。色々と感じながら3人で歩きました。













f0037112_5265012.jpg



今年のお祝いのお花、また大好きなピンクのバラにしようかなと思ったけれど、
4年目、夫婦仲も型にはめず、もっと自由に、そして大切に。
そう感じて、今年はあえて季節外れのひまわりを選びました。
季節なんて関係なく、ただまっすぐ伸びて、明るくて、楽しそうな、そんな感じが気にいりました。
[PR]
by annebm | 2006-10-09 05:31 | ノートブック

ケンブリッジへ。

f0037112_18314618.jpg

f0037112_1832164.jpg日曜日、お友達を訪ねにケンブリッジへ行ってきました。
ケンブリッジは、結婚して最初の2年間住んだ町です。
4年前の結婚式の後、私の両親と姉夫婦も訪れ、みんなで楽しい時間を過ごしました。
様々な意味でとても思い出深いところです。


f0037112_18324486.jpg




2年ぶりのケンブリッジは変わらず本当に美しかった!
歴史ある大学町で、町中に古い建物が残り、ケム川のほとりではパンティング(ボート)。
f0037112_18331761.jpg




観光者も年中います。
小さな蚤の市では品の良いアンティークやクラフトなどが並び、私は久しぶりに大興奮^^
Beと2人でよくコーヒーを飲みに行ったお気に入りのカフェや、大好きだった雑貨屋さんやジュエリー屋さんなどを友達引きつれてめぐりました。
f0037112_183345100.jpg










Beと2人っきりの夫婦生活を2年間送った土地にこうしてアンと戻ってきて、過ぎ去った日々を思ってなんだか切なくなり、また今の幸せをぎゅっと感じました。f0037112_1836519.jpg







いつかまたケンブリッジに住めたらいいなぁ。







f0037112_18363656.jpg


自分のためのお土産は
[PR]
by annebm | 2006-10-02 18:53 | ノートブック