<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

のんびり、大和撫子。

アンが日本で大好きになった食べ物は

1、レンコンやゴボウといった、根菜系のお野菜

2、ひえやあわ、麦などが入った五穀米

3、納豆

4、赤ちゃんせんべい

やっぱり大和撫子なんですね^^
イギリスに戻ったら、上のものなんてあまり手に入らないのになあ。困ったなあ。

驚くほどよく食べるようになりました。なんでも味見したくて仕方ないみたいです。
これだけ食べているのに体重はまだ9キロに満たない小粒ちゃん。
元気いっぱいですが、まだまだ歩かず、のんびり屋さんでもあります。
結局歩かないまま日本に来て、去ることになりそう。
ダダのために、あんよはセーブしておいてあげてるのかしら。
[PR]
by annebm | 2007-03-23 14:41 | ノートブック

桃色。

実家の庭の梅の木に、つぼみが見えてきました。
芯まで冷えそうに寒い日、吹雪にも負けず暖かい春をじっと待ってる姿は、とてもたくましく見えます。

今読んでいる本に、惑星の周期と重なる人間の7年周期のことが書いてあって、とても共感しました。
人間は7歳までに親の価値判断のもとで人格をある程度形成し、
7歳から14歳までの間に自分なりの価値を見出そうと、いわゆる「反抗期」があり、
14歳から21歳までの間、さらなる自分を探求する旅が続き、
21歳から28歳の間には自分の価値に基づいた生活を送るものの、28歳には親が与えてくれたものと、自分が創りあげたものとを組み合わせるようになると。
大事なのはやはり0歳から7歳の間に、親がいかに自分勝手な狭い解釈によるルールを植付けず、育てるかということ。深い視点と感性をのばしてあげること。
私は今28歳。
生まれ育った家にこうして1歳の娘と戻ってきて、ここからつながっているものと、私自身がその外に立ったからこそ自然に培ってこれた何かを、赤い絵の具と白い絵の具を混ぜてきれいな桃色になるように、組み合わせていけたらと思います。
庭の梅のつぼみのような、暖かい、希望に満ちた色。
[PR]
by annebm | 2007-03-12 13:38 | ノートブック

ダダ。

里帰りして3週間。
実家は大家族なので、アンはいつも遊んでもらっています。
祖母の真似をして、しょっちゅう「あ??」なんて言っておかしいです。

淋しいのはイギリスでお留守番をしているBe。
ダダが電話でアンに話し掛けても、アンは無反応。
写真を見せても無反応。(笑)
ダダのこと、忘れちゃったかなあ。
「ダダは元気かな?」なんてわたしが言っても、「ババ!」と返してくる始末。
[PR]
by annebm | 2007-03-05 18:24 | ノートブック

春の香り。

みなさま、温かいメッセージを本当にどうもありがとうございます。
とても嬉しく読ませてもらっています。
できる限りコメントをいただいた方にはそちらに伺って、お返事をと思っています。のんびりペースで大変申し分けありません。
本当に温かい励ましのお言葉に、心がぽかぽかです。

今日はお雛祭り。
晴天の中、ドライブに行ってきました。
もう梅が咲いていてびっくりしました。
母のおうちから代々つたわっている、古いお雛人形を眺めながら、桜餅をいただきました。
大好きな匂い。くんくん犬のように嗅ぎながら、食べました。
アンもちょっとだけつまみ食い。
日本に来てから食いしん坊に拍車が掛って、びっくりするくらい大食家になってしまったアン。
あんよはまだで、家のネコをはいはいで必死に追いかけて、食べた分カロリーを消費しています。
[PR]
by annebm | 2007-03-03 18:38 | ノートブック