<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

恵み。

f0037112_535025.jpg

最近毎日作ってみんなで飲んでいる、人参ジュース。
人参の他にりんご、キャベツやほうれん草などの青物にレモンも入れて、ジューサーで作ります。人参の甘さがとても美味しくて、アンもごくごくと飲んでくれます。
生の野菜や果物からとれる酵素は体の免疫力を上げてくれるとかで、母がやっているので私達も始めました。特に人参はパワフルな野菜の一つ。でも生ばかり食べていては体を冷やすことになりかねないので、煮たものもたくさん食べるようにしています。

長くなりますので、興味のある方だけどうぞ..^^
[PR]
by annebm | 2007-04-27 05:15 | デイリーライフ

緑の指。

f0037112_575146.jpg

動物の次は植物、昆虫ブームの1歳の娘。
今度は「はな」と「はっぱ」「あり」「くも」などを覚えて、外に出たがって仕方ありません。
私たちの食器やテーブルクロスなどの花模様もちゃんと気がついて「あ!はな!」とおしえてくれます。花と葉、そして草のちがいも感覚的に覚えた様子。
f0037112_585677.jpg
実は2年半以上賃貸していた今の家、大家さんから今年買うことになり、無事に『マイ ホーム』となりました。学生時代、そして結婚してもずっと引っ越しては賃貸生活を繰り返していたので、家を買うのは初めて。住み慣れたとはいえ、賃貸だったため釘を打つのすら規定があったりとあまり愛着がわきませんでした。この春晴れてマイ ホームとなり、少しずつ自分好みに手を入れていきたいなあとわくわくしています。
まずは裏庭。早速柵を修正したり、ペンキを塗ったりし始めました。小さい庭だけれど、できたらハーブ園や花壇を作ったり、夏にはごはんを食べれるようにテーブルも置けたらいいな。
お天気が続く日々、ラベンダーものびのびと出てきました。無心に雑草取りをしたり土をいじったりしていると、この春はとてもセラピューティックに感じます。
アンがむしり取っては口に運ぼうとするので、なだめて鼻で香りをかがせると、何度もくんくん。さすがラベンダー、癒しの効果抜群です^^

さらに癒しを求めて
[PR]
by annebm | 2007-04-23 05:25 | デイリーライフ

animalブーム。

f0037112_3454231.jpgアンは動物ブームのまっただ中。
気にいって日本の実家からもらってきた古い絵本も、全て動物のものでした。
特に「ぞうさん」(「ぞうはん」と発音します)と「わんわん」の大ファン。
他にもたくさんの動物を絵本から覚えました。絵本だけじゃなく、Tシャツ、自分のコップの模様やおもちゃのぞうを指しては『あ!』、道ばたで犬を見ては『あ!わんわん!』と必死におしえてくれます^^
帰ってきて1週間。荷物をといていると、私自身今回日本で集めてきたものの多くも動物ものだということを発見。f0037112_352285.jpg
個人的に好きな動物は、ぞう(アンと同じ^^)、猫、そしてイルカ。ぞうと猫は小物でもわりともっています。でも今なぜか注目の動物ものは、ニワトリ、羊とヤギ。日本の実家から貰ってきた(盗んできた?)、父が姉に小さい頃買ってあげたという、フィンランド製の木のニワトリのおもちゃ。地元の雑貨屋さんで一目で気にいった、羊のネックレスとヤギ模様の布切れ。
なんでかなあと思っていたら、私は羊年の山羊座。そしてアンが鳥年生まれだったのです。多分そこから来ているのかも..と変にナットクしたのでした。
ちなみに滞在中、姉が色ちがいのおそろいでプレゼントしてくれた、春らしい草色のスカーフには、白ウサギの刺繍があしらったものでした。
我が家の動物ブーム、まだまだ続きそうです。  
f0037112_3555996.jpg

[PR]
by annebm | 2007-04-20 03:57 | エンジョイメント

その日暮らし。

f0037112_4361661.jpg

1歳児との16時間の長旅を終えて、無事イギリスに戻りました。
2ヶ月ぶりに戻ったイギリスはなんだか「異国」で、ちょっぴりカルチャーショック。
でも美しい木々や花のあふれる田舎道を見たり、春のいい香りを胸一杯に吸ったら、すぐに心が和みました。
がんばってお留守番をしていてくれたBeは、まんえんの笑顔を浮かべて、なぜか花束まで持って(笑)、空港で待っていてくれました。アンは最初ダダに会った時、やっぱり混乱していたのか無口でしたが、家に着いて自分の図書館(絵本のコーナー)をチェックすると、「ああ、ここ住んでいたよね」といったかんじにリラックスし、再び元気いっぱいになりました。
日本でも帰る前の日、桜が満開に咲いてとてもきれいでした。
母が体調を崩し、急いで飛び乗るように帰った日から、もうこんなに月日が流れたのだなと、あらためて思いました。
春は新しいはじまり。こんなにこの季節の贈り物に感謝したことはないような、そんな気がします。

またのんびりと、イギリスでのその日暮らしを綴っていこうと思っています。
長い間みなさんのところに伺うことがなかなかできず、本当にごめんなさい。
それにも関わらずたくさんの方がまだのぞいて下さったり、温かいコメントを残して下さり、ありがとうございました。
みなさんもすてきな春をお過ごしくださいね^^
[PR]
by annebm | 2007-04-14 04:39 | ノートブック

Aprilfool。

実家での滞在も残りわずかになりました。
4月。日本中いたるところで桜も満開の様子。
地元でも、今週中に念願の10年ぶり!のお花見ができそうです。
家族みんなでお弁当を持って行こうね、と話しています。

雪が降り、梅が咲き、しぼみ、そして桜が咲く、その季節の移り変わりは、言葉など必要のない自然のありのままの強さと、美しさを感じさせてくれました。
「移り変わり」ということは、本来とても当たり前のことであり、今この時、毎瞬起こっていることであり、寒くても暖かくても、咲いてもしぼんでも、それは一番美しい在り方なのだと。
時々ふと、その「移り変わり」にびっくりして、戸惑ってしまうこともあるけれど。
それもまた今、起こっている、「移り変わり」。季節はぐるぐるめぐります。

春は気分もわくわくするので、髪型を変えたり、普段着ない色を着てみたくなったり。でも暖かくってすぐ眠くなるし、外を見ては空想も広がり、空気を吸っては心の洗濯もできそうで、そんなエイプリルフール。
桜を見てから、大好きな日本から大好きなイギリスへまた帰ろうと思います。
[PR]
by annebm | 2007-04-01 09:18 | ノートブック