<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雨の日の花。

f0037112_5505775.jpg

最近大雨が続いていて、イギリス中至るところで洪水の被害がひどいようです。
初夏の雨は野性的な匂いがして好きですが、ここまで被害が出ると恐ろしいの一言。急激な温暖化が進んで、イギリスもさらにこういう災害が増えるのだろうなと不安になります。手遅れと諦めずに、できることからエコな暮らし、常にしていきたいものです。

f0037112_5423273.jpg雨降りも楽しくなりそうな、オレンジと緑の花模様がまぶしいアンのレインコート。
日本から友達が長靴とセットでプレゼントしてくれたもの。イギリスでアートを学んでいた彼女らしいポップなセレクトに、笑顔がこぼれました。残念ながら足の小さいアン、長靴はまだまだみたいです。
これを着てプレイグループに行くと、みんなに「ハロー、カラフル!」と声をかけられます^^

雨の夕方、70cmくらいありそうな茎の長い1本のバラを手に帰ってきたBe。駅の中にある花屋さんがこのバラを売っていて、いつも気になっていたとか。彼によると5年ほど前にもこのような長い茎のバラをくれたそうなのだけど...全く覚えていませんでした(汗)
そのまま、ひょろりと花瓶に生けました。
[PR]
by annebm | 2007-06-29 06:01 | ノートブック

ジンジャーの切ない香り。

f0037112_5162652.jpg

お菓子作りに火がついているわけではなくて、パーティーの差し入れに作った『Chocolate Ginger Slices』。イギリスに来て大好きになった、生姜風味のお菓子。ジンジャーナッツビスケットや、ジンジャーブレッド(スポンジケーキ)。チョコレートと生姜というのは、また相性がいいのです。
初めてロンドンに来た16歳の時、料理上手なホストマザーが作ってくれたジンジャーブレッドは今でも忘れられません。熱々をバニラアイスクリームと食べた時のあの衝撃。
そして、私が大学生だった時、Beがよくお土産に買ってきてくれたのはジンジャーブレッドマン。柔らかい食感の、人の型をしたクッキー。アイシングで描かれた顔にマーブルチョコのボタンが愛らしくて、食べるのがかわいそうな、もったいないような。いつも足下からかじりつきます。
私にとって甘いジンジャーの香りは特別。とてもイギリス、なのです。

とことこ人。
[PR]
by annebm | 2007-06-22 05:27 | デイリーライフ

Have fun!

f0037112_5375634.jpg
f0037112_5385060.jpg
f0037112_5392052.jpg

[PR]
by annebm | 2007-06-18 05:40 | ノートブック

3人の大黒柱。

今週末は父の日。
私の3人のお父さん達に、ささやかにカードを作りました。
日本の父はバイオレットと赤の線。
義父は緑と黄色の螺旋と点。
Beは水色と赤の丸。f0037112_571661.jpg
それぞれのキャラクターとオーラ(?)をイメージして。
私の大切な大黒柱たち。
でも、私にとってやっぱりいつになっても「お父さん」は今年60になる日本の父です。
今年は我が家にとってチャレンジの年。母が体を壊し、一番変わったのはやはり父でした。不器用だけど、愛情と責任感は人一倍の父。今は母のことで頭が一杯で、上手く息抜きができないことと、相変わらずお酒の量が多いことは、遠くにいる私にとって胸がちくりとする事実。
と言いつつ、もし私が近くに住んでいて、父の日に会いに行くとしたら、好きなお酒をプレゼントして「ありがとう」を伝えるだろうな。

プレイグループで作ったぬり絵(というより落書き絵)のカードは、アンからBeへ。
3歳の友達がちょっと手伝ってくれました。
ピンクの星はアンが自分でつけましたよ^^

世界中のお父さん、おつかれさまです!
[PR]
by annebm | 2007-06-15 05:11 | ノートブック

苺マフィン。

ふらりと立ち寄った八百屋さんで、大安売りの声に負けて買った苺の山。(これを2パック買いました)f0037112_2241971.jpg
ストックの苺ジャムがすでにあったし、お菓子といっても材料がそろっていなかったので、苺マフィンにしました。ラズベリーとかブルーベリーなどの酸味があるベリー類はマフィンにするけれど、苺マフィンって存在するのか疑問なところ。
案の定何のマフィンだか分からない、素朴な出来上がりになってしまいました^^;
ピンク色が消えてしまって残念だったけれど、割ってみるとほんのり苺の甘い香りが。
いつもお世話になっているお友達のお土産に包みました。
まだまだ大量に残っていたので、ミキサーでスムージーにしました。アンも口を真っ赤にさせてごくごく飲んでいました。
f0037112_2251035.jpg

[PR]
by annebm | 2007-06-13 22:09 | ノートブック

いつもの。

f0037112_22352979.jpg

Beが往復4時間の通勤生活をはじめて、半年が経ちました。
私にとっても、彼にとっても長い長い一日。週末をゴールに一週間乗り切ります。
お休みの土曜日も、お昼から夕方までは習いものがあるため留守な彼。丸々家族で過ごせるのは日曜日だけなのですが、最近は土曜日の朝も大好きになってきました。
車を走らせて一週間の買い出しに行く途中、玄米や豆乳などを仕入れるためにオーガニックショップへ。買い物をする前、その隣にあるデリ兼カフェに行くことが土曜の朝の儀式になりました。カフェでのんびりとするためと、またその後焦って買い物をしなくてはならないように、早起きして朝家を出ます。土曜の朝、カフェで多く見かけるのは朝食を食べているご夫婦。
Beはいつもモカ、私はコーヒーかラッテ。そしてケーキを一つ、シェアします。(もちろんそこには口を開けて待っている小さなモンスターがいるのですが^^:)
通りに行き交う人を見たり、おいてある新聞に目を通したり。
夫婦の習慣みたいなのって、とても楽しい。f0037112_22362655.jpg
ミッフィーの作者ディック ブルーナは、毎日決まった時間に決まったカフェで必ずコーヒーを一杯飲んで、それからアトリエに行くという、とても規則正しい人だったそうです。彼を通りで見ると何時なのかが大体分かるというほど、正確だったとか。『習慣』『規則正しい生活』って前は考えたことあまりなかったのですが、アンが家族に加わってからとても惹かれます。一日の、一週間の、時間のリズムって、人間にとってわりと大切なのではないかと。これをしなくては気持ちが悪いということではなく、ただリズムとしてある、それによって色々とこなせる、集中できる、という意味で心地よいものだと思うのです。
そして『いつもの』というのって、バーのお酒じゃないけれど、ちょっとした特別、そして安心感がわくような。そんな気がします。
[PR]
by annebm | 2007-06-07 22:40 | デイリーライフ

初夏の日曜日。

f0037112_18271644.jpg

初夏のような晴天の日曜日、お弁当を持ってピクニックへ。
お腹一杯食べた後は、湖のほとりでお散歩。アンも手をつないで上り坂、下り坂、たくさん歩きました。湖に浮かぶ白鳥の親子や鴨達に、「ダック!」コール。

f0037112_18281673.jpg帰り道田舎のパブに立ち寄りました。おいしいエールを出しているという声に誘われて、ちょっと一息。とても濃厚なのにすっきり喉越しのいいエール。夏のビールは格別においしい。
気ままな日曜日。晴天の下一日過ごすと、体中太陽の匂い。子供の頃と同じ匂いがします。
f0037112_18292244.jpg

[PR]
by annebm | 2007-06-04 18:30 | ノートブック

キスの嵐。

最近プレイグループに行くと必ず1度は泣くアン。
理由はお友達からのスキンシップ。
アンは始終年上のトドラー達からハグされたり、話掛けられたり、一緒に遊ぼうと誘われたりするのですが、本人はとても迷惑そう(笑)スピーディーなハイハイで逃げるのですが、終いには追いかけられ、諦めて面と向うのですが、今度は彼らからほっぺにキス、キス、キスの嵐。毎回ここで大泣き。
「みんなアンと一緒に遊びたいんだって。仲良くしようねって」となだめて、再び距離を置いて見守るようにしています。f0037112_22334581.jpg
どちらかというと一人で淡々と遊ぶタイプ。そしておもちゃも奪われるタイプ(笑)。仲間は放っておいてくれません。
「加減」をしらない本能のままで、言葉はまだ未熟でも体を上手に使える幼児は本当にすごいエネルギー。「魔の2歳児」とはよく聞きますが、そのアンバランスからくるのでしょう。
色々な子供がいて、色々な接し方があって、アンもその中に今日ももまれて、泣いたり笑ったり。子供って嵐みたい。ごーっと荒れて破壊したと思ったら、嘘みたいに静けさを取り戻し、またお日様が照る。
[PR]
by annebm | 2007-06-01 22:35 | ノートブック