<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

HAPPY HALLOWEEN!

f0037112_23585976.jpg

f0037112_23593273.jpg

[PR]
by annebm | 2007-10-31 00:00 | ノートブック

Sweet & Spicy。

f0037112_42217100.jpg

アンをBeに預けて、10年来の女友達とランチへ。
学生時代からずっと友達の彼女。来年1月にはボランティア活動をしに、お医者としてアフリカへ行ってしまうのです。
10年の間色々なことを一緒に乗り越えてきた、大切な人。
たくさん思い出話をして、これからの10年を想って、なんだかちょっとメランコリックになってしまいました。
行ったのは本格的なインド料理を出すレストラン。おいしいカレーとナンに、ラッシーとチャイで、3時間も長々と居座りました。
Beへのお土産に、レストランからスウィ−ツをお持ち帰り。
家に帰るとBeとアンが待っていてくれて、大切な友達と家族がいてくれて、本当に幸せだなと思いました。

[PR]
by annebm | 2007-10-29 04:25 | ノートブック

リコッタのチーズケーキ。

f0037112_5455471.jpg

最近人にプレゼントするお菓子ばかり焼いていたので、たまには我が家のおやつにと、イタリア在住『La vita Toscana』のmoさんのレシピから作りました。
リコッタチーズはアンも大好きで、よくパンにつけたり、オムレツの中に入れたりしていましたが、お菓子に使うのは初めて。
マドレーヌの風味に似ていて、紅茶とぴったりの美味しいケーキ。我が家の定番になりそうです。
先日チャリティ−ショップで手に入れた、wedgwoodのアンティ−クのケーキ皿。おばあちゃんの家にありそうな昔風の模様と、大好きなグリーンに惹かれました。ちなみにお皿一枚1000円でした。

[PR]
by annebm | 2007-10-26 05:48 | ノートブック

かぼちゃのランタン。

f0037112_572948.jpg

イギリスのハロウィーンはどちらかというと控えめで、この時期ささやかに装飾されています。スーパーや八百屋さんでは大きなかぼちゃが並んで、お店などではクモの巣が貼ってあったりと(笑)ちょっとだけハロウィン気分。
なんとなく地味で中途半端なのが、イギリス風。やっぱりこれはアメリカのお祭りなのだなあと感じずにはいられません。
学生寮にいた時、食堂での夕飯はハロウィンディナーというから何かと思ったら、ごはんを配ってくれるおばちゃん達が変な帽子を被っていたり、デザートのムースにチョコレートのクモがのっているだけでした^^; そこでこれから仮装パーティーに行く学生のドラキュラや魔女が黙々と食べている光景は、今でも忘れられない思い出です。

近所には子供が多いので、ハロウィンの夜スウィーツだけは用意しておきます。
この家に引っ越してきて初めてのハロウィンの日、思いがけない『trick or treat』に焦ったものです。
今年はランタンを作ってみたので、当日これにろうそくを灯すのが楽しみです。
[PR]
by annebm | 2007-10-24 05:15 | ノートブック

小さい秋みつけた。(No 2)

f0037112_518239.jpg今月2度目のダウン。
今回はアンと2人で病人になってしまいました。
アンは高熱が4日以上も続き、ひどい咳に鼻水。私はお腹の調子が悪く、3日間ほとんど水しか飲めないほど。今流行のインフルエンザらしく、それぞれ人によって症状が異なるようです。Beが1週間ずっと休みをとってくれて、面倒をみてくれました。
アンの熱があまりに連日下がらないので本当に心配でした。(自分のお腹も^^;)
今年は自分が頻繁に体調を壊すので、ちょっとうんざり。Beが1日4時間通勤をするようになってから、母業も1日12時間以上。土曜も彼は他にコミットメントがあるため、お休みは日曜だけ。でも今年は何かと忙しく、日曜となると予定が入っていたり。アンも本当にどんどん活発になってきていることもあって、なんだかとても疲れているみたいです。f0037112_5185117.jpg
家事も子育てもプライベートなことも、手を抜くことは考えずに、もう少しスマートにできるようになれたら..と思うこの頃。そしてBeにいつも「疲れた」とばかり言って頼ってばかりいる気がするので、もう一度気を引き締めて「家のことは任しといて!」と大きい妻であれるように。
妻とは母とは女とは、大きな海みたいな、広く深くしなやかに受容できる存在だと思うのです。男の人は出ていって、そこにいつでも帰ることができる旅人。
病いは気から。なんでも根本は気持ちの問題だと思うのです。
もう一度こころとからだ、ぴりっといこうっと。

みなさまもこの季節の風邪にはくれぐれも気をつけてくださいね^^
[PR]
by annebm | 2007-10-20 05:21 | ノートブック

花より団子。

f0037112_4475713.jpg

記念日にBeがくれたのは花とチョコレートでした。
Beの働く町にあるオリジナルのチョコレティアから、宝石のような甘い粒たち。
本物の宝石よりも嬉しかったかも..^^
[PR]
by annebm | 2007-10-20 04:49 | ノートブック

Something 4 or Something more。

f0037112_22453088.jpg

ビクトリア時代から慣わしとなっている、『Something 4』。
結婚式当日に花嫁が身につけると幸せになる、と言い伝えられているもののことです。
1 Something old、何か古いもの。祖父母か両親から受け継いだもので、家族の絆を表します。
2 Something new、何か新しいもの。花嫁の未来を表します。
3 Something borrowed、何か借りたもの。すでに家庭を持っている人から借りることで、幸せをちょっとお裾分け。
4 Something blue、何か青いもの。青は永遠性、清らかさの色。

私は古いものとして、義母の家で代々伝わって(たしか4世代くらい)きたという、高価ではないけれど宝物の金のブローチをドレスにつけました。
新しいものは自分のドレス、そして借りたものは私の母からパールのネックレス。
青いものは一般的にはリボンなどを脚に巻いて隠すと義母が教えてくれたので、そうしました。
今朝はそのリボンと金のブローチが入った黒い箱を取り出したり、家族がみんな揃ってお祝いしてくれた式のアルバムを開いたり。一年に一度だけ。
今この瞬間とても幸せだなとこころから思えるのは、Something 4の魔法がきいたから..それとも私のわがままを全て受けとめてくれる忍耐強いBeのおかげかな^^;

お祝いは
[PR]
by annebm | 2007-10-11 22:55 | ノートブック

Beへのカード。

結婚記念日がもうすぐなので、Beに贈るカードを作りました。
Beと私とアンのイラストで。
1周年目、絵本を作って贈ったことがあります。結婚前から、私達はなぜか架空の人物というか、自分達の変わらない子供の部分をキャラクターにして、話を作ったりしていました(笑)とても怪しいカップルです^^;
もちろん時々話題に出るくらいだったのだけど、これを本当に絵にしたら楽しいだろうなと思って、1年目の結婚記念日に絵本を作ったんです。
今年は5周年記念。ふとあのキャラクター達を蘇らせたくなって、新しい仲間のアンを加えて描きました。
f0037112_6105019.jpg


仲間が加わる前の二人。(興味がある方だけどうぞ^^)
[PR]
by annebm | 2007-10-11 06:14 | ノートブック

いろ いろ いろ。

f0037112_452856.jpg

先月ひどい風邪をひいてしまった時、Beが2日仕事を休んでアンの面倒をみてくれました。
お母さんばかりのプレイグループに行くのはあまり気がすすまなかったようで、Beが連れて行ったのは大きな本屋さんとおもちゃ屋さんでした。そこでアンに買ってあげたのはブロックと、65色のクレヨン、スケッチブック、そして缶ケース。
ブロックはちょうど私も買ってあげたかったのでよかったのですが、アンは私のおさがりの色鉛筆セットと、プレイグループでもらった落書き帳やメモ帳でお絵描きしていたのです。お絵描きも気まぐれにしかまだしないので、それで十分だと思っていたのに、なんとも立派なスケッチブックとクレヨン。f0037112_4525553.jpg
すぐにプライスをチェックして(もちろんexpensive!)理由を問いただす母親の私。
値札を見ずにいいと思ったらすぐ買って、「アンだっていいものを使いたいよ」という父親。
男の人の買い物ってどうしてこうなんでしょう..!
でもその後、このクレヨンを使ってお絵描きするのが楽しくなったのは、アンではなくて私でした。65色というから、私の好きな緑やブルーも本当にたくさんの種類があって、『夏の海』や『ジャングルの葉』など。赤やピンクで『ベリーたち』、グレーで『色々な石』など、勝手にテーマを決めてつい真剣になってしまいます。アンは、私があまりに長くお絵描きしてるので、「ばいばーい」とクレヨンをしまってしまうのですが..^^;

f0037112_453485.jpgちなみにBeが買ってきた変なおばけ?柄の、小さな赤い缶ケース。
「これは何で買ってきたの?!」と問いただすと、「かわいかったから」。
65色のクレヨンはそこそこに、アンはこのケースの方が気に入ったようで、スーツケースみたいに持って家中うろうろしています。

*コメント欄また開きました^^
[PR]
by annebm | 2007-10-05 05:00 | デイリーライフ

かぶり頃。

f0037112_527293.jpg

10月。こちらは毎日鉛色の空が続いています。
紅葉も深くなって、あとは落ち葉になるばかり。
マフラーやスカーフなど首に巻くのが好きなので、曇り空でも外に出るのがちょっと楽しくなったりします。ちなみに私はタートルネックも大好き。首にコンプレックスがあるわけではないのです..^^;
帽子は年中かぶることが多いのですが、秋冬大活躍するArnold Palmerのリバーシブル。数年前に姉と義兄が誕生日プレゼントにくれたもので、茶とネイビーブルーどちらもこの季節のファッションにぴったりのカラー。
これをかぶるだけで、どんなにカジュアルな服装でもぴりっと引き締まる感じがして気にいってます。
来月に入るとニット帽も必需品。寒さしのぎには欠かせません。
去年一生懸命編み物を覚えようとがんばったのに、挫折。今年もちょっとかじってみたけど、やっぱりダメ。私はこういうものに根気が足りないのです(汗)大雑把な性格でつい「適当」になってしまって、できなくはないけど続かない。お菓子作りもちゃんと分量をはかって、レシピ通りにせず、つい「自分流」になってしまうのと同じですね。
でも「自分流」で、アンのお人形は作り続けています。お人形作りは単調ではないのと、雑でもなんとか隠せるのが向いていたのかも^^
[PR]
by annebm | 2007-10-03 05:35 | エンジョイメント