<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

An Old Medicine Bottle

f0037112_16571022.jpg

セカンドハンドショップにずらりと並ぶ古いガラスの瓶。つい足が止まりました。
どのくらい古いものか分かりませんが、薬瓶だったものらしく、瓶には「TABLE SPOON」とか あとは製薬会社の名前が書いてあったりします。色々な大きさや形があって、どれもこれも連れて帰りたかったけれど、一つだけ選ぶという楽しみを自分に言い聞かせながら..f0037112_16575822.jpg
私はいつか自分のお気に入りの窓辺に、ガラスのものをたくさんコレクションして飾りたいのです。好きなブルーとグリーンだけで統一して、光に当たるとそれはきれいだろうなって想像して。この薬瓶は透明だけど、コレクションのナンバーワンになりました。
今は窓辺に母の写真や小物を置いているのですが、そこにはいつも花を絶やさないようにしています。一輪挿しとしてもぴったり。
 
[PR]
by annebm | 2008-04-30 17:08 | エンジョイメント

育てる路と育つ路

3週間ほど続いていたアンの「ねんね やだ!」がやっとおさまりました。
f0037112_20415484.jpg


More
[PR]
by annebm | 2008-04-25 20:54 | ノートブック

魔女の鍋

頂きものの苺がたくさんあったので(貰ってばかりの我家)、久しぶりにジャムを作りました。f0037112_6325951.jpg
苺の香りがとても春らしい。もっと作り置きしたくなって、その日散歩の帰りに新しくできた八百屋さんへ。以前チラシが入っていたのでいつか行ってみようと思っていたのです。
入ってみると残念ながら品揃えはあまりよくなく、求めていた苺もなし。でも店主さんがとてもいい人で、2ヶ月の赤ちゃんがいるという話と、店の経営があまり上手くいっていないという悩みを聞いて、何も買わないわけにいなかくなってしまいました^^;
傷だらけの熟れたプラムを買って、「また必ず来るからね」と励まして店をあとにしました。
赤や黄色のプラムもありますが、今回ジャムにしたのは紫色のもの。我家は白砂糖は使わないので ジャムやお菓子を作ってもいつも綺麗に発色なくて.. ぐつぐつと深紫色の鍋を煮ていると、魔女のような気持ちに。
またジャムがなくなったら、この八百屋さんへ行こうと思ってます。
f0037112_6364123.jpg

相変わらず大雑把な私は、プラムを煮るのに水をいれすぎ。でもおいしいシロップができました。これはウォッカ トニックとミックスしても美味しいかも。

[PR]
by annebm | 2008-04-20 06:39 | ノートブック

Rock Cake

f0037112_1304683.jpg

会いに行った帰り、お土産にもらった義父さん手作りのRock Cake(ロックケーキ)。
干しぶどうがこぼれそうなほどたくさん入っていて、Rock - 岩 -のようにゴツゴツとした見た目の、イギリスらしい素朴なお菓子です。
シナモン、クローブ、ナツメグなどのスパイスと、小麦粉にバター、卵とシンプルなレシピ。混ぜて ごてっとトレイののせて焼くだけなので、Be家では義父さん得意のお菓子なのです。Be達が子供の頃、よく義父さんが1週間分くらい一気に作って、大きなガラス瓶の中に保存しておいてくれたらしいです。Beいわく、学校から戻って、おやつに毎日一つだけ瓶から出して食べるのが楽しみで仕方なかったとか。
映画「ハリー ポッター」にも、このお菓子が出てくるそうなのですが、知らなかったなあ^^;

f0037112_1313963.jpg岩のようなケーキ、男の人が作ってくれるのにぴったりのレシピかも。
私の父はお菓子作りは全くできませんが、料理はわりと丁寧にする方。男の人の料理って大胆で大雑把な感じがしますが、父は私より丁寧(汗)
母がなくなって、今は毎日一人分のごはんを作っている父。夕方自分だけのごはんを作っている瞬間が、今は一番淋しいと言っていました。
ごつごつのケーキを食べながら、父が先月作ってくれたダシのきいた煮物とか、おでんとか、豚の角煮とか、思い出しました。昔は本当にたまに台所に立つだけで、母に任せっきりだったのになあ。

[PR]
by annebm | 2008-04-15 01:33 | ノートブック

季節を知る人

f0037112_67264.jpg

花々が咲き乱れ、新緑が濃くなっていくこれからの季節、この土地がさらに好きになります。
イギリスの花や木々の美しさは、ガーデンという名を越えて佇まいとしてただいつもあって、この土地柄と上手く調和されているのだなと思います。
毎日通る道にある大きな木が変化していって、季節を知らせてくれるということ。
自分の中で、すごく幸福な瞬間です。

More
[PR]
by annebm | 2008-04-07 06:18 | エンジョイメント

Sunny Day-Out


f0037112_120184.jpg
まだまだ風が冷たい春。
(今だ冬の装いのアンの隣りには、Tシャツ姿のおじさんが^^;)


More
[PR]
by annebm | 2008-04-02 01:38 | ノートブック