<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

母の梅干し

イギリスは3連休でしたが、連日雨降りでした。初夏が来たと思ったら また逆戻りのようです。
肌寒さでちょっと風邪気味。
体調が悪いなという時 必ず飲むのが梅干し番茶。f0037112_6135930.jpg

子供の頃、風邪をよくひいていた私。薬よりまず民間療法を好む母だったので、子供の頃からの馴染みの味。母の梅干しはとても酸っぱくて、いかにも効果ありそう。毎年季節になると、大量の梅干しを漬けていました。仕事を終えて、私達にごはんを食べさせ、食器を洗い、深夜に台所の床で大瓶を並べて 漬けている姿も覚えています。毎年の行事。「漬けずにはいられない」ものだったそう。
そのおかげで年中家には酸っぱくて美味しい梅干しが常備され、風邪の時やお腹の調子が悪い時のみならず、お茶漬けのお供に、おにぎりにと、子供の頃からお世話になってきました。
イギリスに住むようになってから、里帰りした時、宝物みたいに小さな瓶にちょっとだけもらって、持ち帰るようになりました。実家にはまだ去年と一昨年の梅干しの瓶が残っていました。来年また帰ったら、父から分けてもらおう。
母がこんなに早く他界してしまうなんて夢にも思わなかったので、梅干しの漬け方、早く習っておけばよかったと、今は後悔でいっぱいです。

[PR]
by annebm | 2008-05-28 06:16 | ノートブック

ゴンドラにのって

先週末、イタリアはヴェネツィアから友達カップルが会いに来てくれました。
彼女は中学の同級生。イタリア在住7年を迎え、3年前に結婚。前回会ったのは5年前、ヴェネツィアでのこと。Beと私はイギリスから、他2人友達は日本から、彼女のところで合流しました。5年という長くて短い月日..でも会うと途端に10代の頃のような気持ちに戻るから不思議です。
英語を話さないイタリア人の旦那様と話したくて、話せなくて..今度はイタリア語だ!と決意しました^^; とても愛らしい響きのイタリア語。ころころと口の中で踊っているようで、聴いているとわくわくします。
f0037112_7185394.jpg

美味なサラミに、ネックレスに、アンにもたくさんのお土産を。
「ベタなお土産」とジョークで持ってきてくれたヴェネツィアンガラスの置物。
「住んでいると、こういうのって笑えるの」と彼女は言っていましたが、先日海辺で一つだけ拾って持って帰ってきた貝殻をのせると 季節にぴったり。
帰ってしまって淋しいなあと思っていたら、夜テレビの映画でジェームス ボンドがヴェネツィアで大奮闘。美しい水の都。「また行きなさい」というお告げかなあ。


[PR]
by annebm | 2008-05-26 07:21 | ノートブック

海辺での休暇 ④  ー コーンウォルのおいしいもの ー



       朝からクリームティー屋へ
f0037112_204210100.jpg


More
[PR]
by annebm | 2008-05-21 01:36 | ノートブック

海辺での休暇   ③ ー ブルーベルの谷 ー

f0037112_5134279.jpg


         おとぎの国へと続く道

More
[PR]
by annebm | 2008-05-16 05:28 | ノートブック

海辺での休暇   ② ー 亀のいるコテッジ ー


f0037112_4502822.jpg

コテッジのゲートには
 「Free Range Tortoises, Keep Gate Shut」
(放し飼いの亀がいます、ゲートを閉めて下さい)のサイン


More
[PR]
by annebm | 2008-05-16 05:06 | ノートブック

海辺での休暇   ①

f0037112_24742.jpg

初夏の休息、太陽をたくさん浴びてきました。

More
[PR]
by annebm | 2008-05-16 03:05 | ノートブック

初夏に食べたくなるもの

f0037112_522912.jpg


この季節になると Rhubarb(ルバーブ)の赤い色が美しく見えます。ハーブの種類で、見た目は赤いセロリみたい。イギリスではお菓子や、ジャムに使います。
昔は 生で食べると毒だという言い伝えがあったそうですが、おそらく生だと消化によくないことから来ているのでしょう。かならず煮て食べるのです。
f0037112_5232913.jpg最近では年中スーパーで手にすることができますが、個人的に欲するのはこの時期。ラズベリーやブルーベリーなどと同じ、ルバーブの酸っぱさと鮮やかな色が、夏にぴったりのような気がします。
今回はルバーブのクランブルを作りました。ルバーブをお砂糖と生姜の汁(もしくはパウダー)で柔らかくなるまで煮て、クランブルをかけて焼くだけ。冬なら熱々が美味しいですが、この季節は冷たくしていただきます。たっぷりのダブルクリームをかけて。
ルバーブと生姜は魅惑のコンビネーション。臭みをとることから 生姜を入れるのかな、と思うのですが、ぴったり。
クランブルは定番のリンゴに、プラムに、桃に、ベリーにと、年中作っていますが、ルバーブのものは初夏だけの楽しみです。


初夏の休息
[PR]
by annebm | 2008-05-09 05:52 | デイリーライフ

ダディーズ ガール

イギリスの初夏 突然やってきました。
f0037112_66973.jpg


More
[PR]
by annebm | 2008-05-07 06:19 | ノートブック