<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

再会

f0037112_532124.jpg

暑い暑い日曜日、車を飛ばして ロンドンまでお友達家族に会いに行ってきました。会うのは2年ぶり。
私が結婚する前、彼女のホームページにお邪魔して、ビザのことなどをお聞きしたことがはじまりで、以来家族ぐるみでおつきあいさせてもらっています。
お嬢ちゃん達とたくさん遊べて、アンも嬉しそうでした。
毎回たくさんお下がりの洋服をいただいて、本当に助かります。
かわいい靴まで 今回はいただいてきちゃいました。
楽しい時間をありがとう。今度は上がって来てください♪

寄った日本食材屋さんで、思い切りストックを買い込みました。
納豆もお豆腐も冷蔵庫にたくさん入っている、この充足感..^m^
地方暮らしにとっては、夢のよう。
袋をあけると、見覚えのない大福もちまで2つ。
レジでお金を払ったBe、メロンパンも買って 即食べていたくせに、大福までいるの〜?!



++ 子育てブログも書いてます ++

[PR]
by annebm | 2008-07-29 05:06 | ノートブック

夏風邪

f0037112_1412650.jpg


アン→私→ダデイー→また私の順番にまわってきた風邪。
ここ1ヶ月くらい、ずっとみんなで咳き込んでいる気がします(汗)
アンはもうすっかり元気。大人2人がすっきりと回復するのを待つだけ。

久しぶりに食べたくなって ミルクプリンを作りました。
甘く煮た黒豆をいれたのですが、浮かぶはずが全部下に沈んでしまいました。
金時豆とコンデンスミルクたっぷりのかき氷の味に似ていて、懐かしい。

今日は珍しく蒸し暑くて、日本の夏みたい。
暑いのに わざわざ天ぷらを揚げて、残りのころもでドーナツまで揚げました。
友達が贈ってくれた 伊藤まさこさんの本に、天ぷらよりドーナツの方が待ち遠しかったというエピソードが書かれてあって、それを思い出して。
アンもほくほく嬉しそう。子供心、こういう思い出ってずっと残っているなあと思います。
暑い夏に天ぷらを揚げる母が、首にガーゼのハンカチを巻いていたことなども^^

* コメントのお返事が遅れてしまって すみません。
風邪がすっきりしたら 即お返事します*

[PR]
by annebm | 2008-07-24 01:43 | ノートブック

古いもの のこと

f0037112_419139.jpg

古いもの に惹かれます。
なんでも古ければいいわけではないのですが、基本的に 装飾できるもの、大切にそっとしまっておきたいもの、カトラリー、家具、絵、建物 など。古い本も大好きです。
お気に入りの古本屋さんがあるのですが、たまにしか行けない距離。歩いて行ける所にあったら毎日通ってしまいそうで、遠くにあって実はよかったのかも..。

f0037112_4201248.jpg
行くと必ず時間を忘れてしまいます。何を探すためではないのですが、音楽もかかっていない本屋さんで(私が行く時はいつも他のお客さんが一人もいない)、じっくりと見てまわります。
オーナーがとても親切で、訊くと詳しく色々と教えてくれる楽しみも。
古いもの は、一般的にいって、「丁寧に手をかけてつくられている」ような気がします。
安くて手軽、便利、機能重視、といった今の時代とちがって、昔はもっと一つ一つ ものが高価だっただけではなく、手がかかる分、作り手 買い手の心どちらにも 贅沢さを与えていたような。
古い本などは、エレガントな装丁のものが多く、また紙の素材がシルクのようなのです。
古本独特の 長い年月の間蓄積した湿気や温度の感じだけじゃなくて、最近の本と比べ物にならないほど、ものとして重みがあり 良質な感じがします。
f0037112_4211772.jpg


f0037112_4223440.jpg

Beの子供の頃の絵本など、義母さんがかなりたくさんとっておいてくれたのですが、アンの..というより 私の大切な一生の宝物です(笑)
今でも人気で、子供のテレビ番組に出てくる 「Mr Men」や「Rupert」など、原画のキャラクター達はもっと素朴。その素朴さが 魅力だったりします。
テレビで動いているデジタルな彼らとは、なんだかコネクトできないのです。
アンは「Mr Men」シリーズが大好きで、この本でキャラクター達を覚えました。
f0037112_42326100.jpg

古いもの のことを考えていたら、じゃあファッションは..と思った私。
「好きなタイプのファッションは」と訊かれたら、すぐ出る応えは オードリー ヘップバーン。
永遠の憧れのヘップバーンは 女優としても 人としても大好きですが、昔から目が離せなかったのが彼女のファッション。Aラインコートから、ぺたんこ靴、サブリナパンツに、スカーフの巻き方に帽子まで。Givenchyのドレスはまだ手に入らないけれど。
定番というものにこだわることなく、いつもシンプルでエレガント。
女性としてなんとも憧れる姿。

気品があるということ。エレガントさ。
見た目だけではなくて、内側から滲み出るもの。
これが私の中で、個人的ですが、ものも 人も 通じる魅力だなあと思います。
古いものがどうして好きなんだろう..と考えてみたら、そのへんに理由がありました。
古いものは手がこんでいるから 基盤がちがう。
ずっと廃れないし、変わらない。流行、スタイルというものに縛られない。
時間がたてばもっとエレガントな空気が漂う。それっていいな、と思います。

[PR]
by annebm | 2008-07-18 04:28 | エンジョイメント

七夕

f0037112_21151111.jpg


雨が続くイギリスですが、ささやかに家の中で七夕の飾りを。

母が20代の頃つくった、粘土製の壁掛け。
遺品の一つとしてもらってきました。
リビングに飾ってあるのですが、今日ふと どこに短冊を吊るそうかと思っていたら目にとまりました。織姫様と彦星様みたい^^

アンの短冊には、アン語で何をお願いしてあるのかな?

今日は朝から「さーさーのーはー さーらさらー♪」と鼻歌が止まりません。

f0037112_21155427.jpg

[PR]
by annebm | 2008-07-07 21:17 | デイリーライフ

女 二人旅

f0037112_3434713.jpg

  電車にごとごと揺られて

More
[PR]
by annebm | 2008-07-03 05:05 | ノートブック