<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雪の日


f0037112_4283895.jpg

週末の朝、目を覚ますと白銀の世界が広がっていました。
子供達も大人の私達も、みんなで大はしゃぎの朝となりました。
f0037112_4305632.jpg

ちょうど前夜、寝る前にアンのリクエストでRaymond Briggsの「The Snowman」「 Father Christmas」の映画をみたところだったので、予期せぬ出来事はまさに冬の魔法、贈り物のようでした。
f0037112_4371052.jpg

うっすらと積もっただけでも、別世界。
雪があると、いつもの遊びももっと楽しい。

雪遊びの後は、暖かい家の中でクリスマスカードを書きました。
アンは学校の先生方に書いていました。
ウーも一緒に^^
f0037112_441266.jpg

f0037112_4422066.jpg

幼い頃、サンタクロースのプレゼントと一緒に、毎年小さなカードが添えられていました。
字が読めるようになってからのことですが、カタカナで書かれていました。
サンタクロースは外国の人というイメージを持っていたので、「なんでサンタさん、日本語書けるんだろう?」という疑問がちょっとあったけれど、とても嬉しかったものです。
f0037112_4481320.jpg

f0037112_4483860.jpg

「コトシモ トテモ ヨイコダッタノデ 
ワシハ ヤッパリ キチマッタヨ。
ソリノ ナガタビハ ツカレルガ ミンナノ ウレシイカオヲ
ミルノガ タノシミデナ。
ヨイ クリスマスヲ ナ。 ライネンモ クルヨ」
なんていうメッセージが書かれているのです。
年齢を重ねると、それが母の手書きに似ていると気がついて、我が家では「カタカナサンタ」などというあだ名もできたほど^^

思い出としてとってあったカードの中には、母からのクリスマスカードも入っていて、
今読み返すと胸が温かくなります。

「きのう、サンタさんからでんわがきました。

”おたくのあつこさんは、もうだいじょうぶ!立派なレディーになったんだし、ぼくはお空から愛のキッスをおくるよ” って。

今日はすてきな夢をみてね」


これは何歳くらいの頃、もらったカードだったのかなあ。。
母らしいメッセージです。

「いつの日か 大人になっても、大切な子供の頃の想い出をひもといてくれたら、と思います」

と書いてあるカードもありました。


ちゃんと、母の思いが、今の私に伝わって届いていること。
すごく幸せだなと思います。

母はもうこの世にはいないけれど、
サンタさんと一緒に、今年もお空から愛のキッスを送ってくれているかな、なんてね^^
f0037112_4361471.jpg

我が家のトラディションでは、ツリーは12月1日に出すのですが、
今日はすっかりクリスマスムード。
夕方ツリーを出して、みんなで飾りつけをしました。

いつの日か、アンとウーにとっても、こんなささやかな雪の日が
心の灯火のようになることを、私も願わずにいられません。


[PR]
by annebm | 2010-11-28 05:04 | デイリーライフ

今日という日


f0037112_6253742.jpg

今日という日の中で過ぎていく、瞬間、その次の瞬間。
f0037112_6285660.jpg

その一瞬一瞬で変化する全ては、可能性と創造力に満ちていて、
誰しもが本来次に起こること、運命と呼ばれるものの
舵をしっかりと握っていると思います。


f0037112_6313082.jpg


f0037112_6324971.jpg

可能性はもうすでにそこにあるもの。



[PR]
by annebm | 2010-11-22 06:46 | ノートブック

5歳のお誕生会

f0037112_5362029.jpg


 アン 5歳になりました。


More
[PR]
by annebm | 2010-11-17 07:23 | ノートブック

What a 5year-old girl wants..


ちょっと早いアンの誕生日を義両親がお祝いしてくれました。
f0037112_733613.jpg

食事に連れ出して、プレゼントを買ってくれる大サービス。
美味しいレストランへでもと誘ってくれたのですが、
バースデーガール本人のリクエストは、ハンバーガーにフライドポテトとアイスクリーム!
普段ハンバーガーを滅多に食べに行かないので、こういうのはアンにとって特別なのです。
日曜日、朝起きるなり、「○○○ナルド!!」と絶叫していました^^;

お腹いっぱい大満足した後は、みんなでおもちゃ屋さんへ。

ピンク色のスクーターと、大きな箱に入ったポップコーンに、おもちゃまで買ってもらいました。

日本のじじと大ばばからも、お祝いが届きました。



[PR]
by annebm | 2010-11-09 07:05 | デイリーライフ

11月

f0037112_8133311.jpg


チャリティーショップでみつけた、フランスのガラスのエッグカップ。
30pというお値段もかわいくて、嬉しい。



今年もハロウィンは何もしないまま、終わってしまいました。
イギリスのハロウィンは今だにどこか中途半端な感じ。
みんな個人的にそれぞれ楽しんでいるという雰囲気です。
一応お菓子を用意していたけれど、今年「trick or treat」に来たのは隣人のティーンだけでした。

冬時間に時計をあわせると、一気に年の瀬を感じます。
まわりが「クリスマス」と騒ぎだす中、アンの誕生日の準備に慌てる私。
今年は初めて、学校で新しくできたお友達数人を呼んで、お誕生会をひらくのです。
狭い我が家に子供6人(+うろうろ徘徊する1歳児のウーも)も呼んで、ゲームにおやつに、大丈夫かな..。
イギリスのお誕生会らしくやってあげたいので、ピッチをあげて用意する予定です。

[PR]
by annebm | 2010-11-04 08:15 | デイリーライフ