<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日もまだ、旅の途中。


春、 夏、 秋、 冬。

季節の移り変わりと共に、変わったこと、変わらないこと。
f0037112_712987.jpg


1年の終わりに新たに感じること、前年と同じように感じること。

みなさん、それぞれあると思います。
f0037112_743152.jpg


喜びもかなしみも、悔しさも希望も、
それはそれで、そのままで。

多くも少なくもなく、ちょうどいい。

f0037112_794735.jpg


心は平らな方がいいけれど、
人生時には、本当の勇気を持って飛び込んだり、じっと耐えることだって必要。
でもそんな時、ちゃんと距離を保っていることは、もっと難しい。

果てしなく続いていく毎日という旅の中で、
変わらないことも、変わったことも、
浮かんでは消える、消えない思いも全部鞄に詰め込んで。

でも重くなったそれを、持ち歩き続ける必要があるわけでもなくて、
手離せば楽になるからいいというわけでもなくて、

ちょっと椅子代わりに座ってみるくらいの遊び心もあったら。

f0037112_7132867.jpg



いつも遊びに来てくださるみな様、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます^^

よいお年をお迎えください。





[PR]
by annebm | 2010-12-30 07:32 | ノートブック

Christmas cake☆


f0037112_6222492.jpg


先日に書きました、仕込んで保存しておいたクリスマスケーキは、26日のボクシングデーに。

マジパンとロイヤルアイシングでコーティング、飾り付けもアンと一緒にして、初めて作ったクリスマスケーキが出来上がりました。
焼き上げた後、お酒はfeedingしなかったので、義母さんが作るものよりお子様向け。
私としては、もっとブランディーの香りが濃い方が好きだなあというのが、正直な感想でした^^

ホールケーキ一個分、長く保存がきくので、のんびりゆっくり、少しずつ楽しみたいです。
お友達にもお裾分けしたいけれど、きっとどのご家庭もクリスマスの残りのお菓子でいっぱいなはず。。

毎日しっかり一切れ食べれちゃう気持ちを押さえつつ、「保存食、保存食」と自分に言いきかせて!

f0037112_6214483.jpg



[PR]
by annebm | 2010-12-28 06:35 | エンジョイメント

ホワイトクリスマス


f0037112_813494.jpg

 雪はとけずに、ホワイトクリスマスでした。


More
[PR]
by annebm | 2010-12-26 08:56 | ノートブック

こころにひとつの灯火を


f0037112_719722.jpg

ひどい風邪をひいて、アンと寝込んでいたら、あっという間にクリスマス。
クリスマス前友達との約束や、出かける予定もずっとキャンセルが続いてしまっていましたが、
今日はアンがずっと楽しみに待っていた、サンタクロースに会って話しができるイベントにみんなで行ってきました。

アンは、サンタさんを前に硬直。
質問も何もせず、黙っているので、私が訊きたかったことを無理矢理訊いてもらいました(笑)
サンタさん、おうちは北極だそうです^^そして今夜はアメリカに行くとか^^
暖炉の煙突がないお家でも大丈夫。魔法の鍵(おひげの下からそっと、透明の鍵を持ってみせてくれた、サンタのおじさんでした)で入って来れるそう。

アンは、「イメージしていたサンタさんとちょっと違った」ですって。
眼鏡をかけていたからかしら(笑)

病み上がり、バタバタと慌てて、なんとかプレゼントなども用意が整いました。
イブの日は義両親のところで過ごす予定です。
f0037112_7203487.jpg

中部は昨日降った雪で、ふたたび真っ白の世界に。
このままホワイトクリスマスになりそうです。
風邪から解放されたアンは、雪遊びが楽しくて仕方ない様子。
Beと、背の高い雪だるまを作っていました。

雪のため、私の友達も日本に飛べないまま、キャンセル待ちだそう。
楽しみに休暇を待っていた方が本当に多かったでしょう。この混乱、早く過ぎ去ることを心から祈っています。


みなさまそれぞれが、一時でも、本当に一瞬でも、心安まる、温まるクリスマスとなりますように。

Merry Christmas!
f0037112_722975.jpg




[PR]
by annebm | 2010-12-24 08:37 | ノートブック

festive scent


f0037112_4483987.jpg

毎年義母さんがクリスマスケーキとプディングを作るので、完全にお任せしていたのですが、
今年はアンも5つになったことだし、一緒にケーキだけ作ってみることにしました。

イギリスのクリスマスのお菓子は、ドライフルーツとお酒、柑橘類のスキン、スパイスが主となったものです。
25日当日にローストディナーの後、頂くのがプディング。
これは蒸したケーキ。
クリームをかけて頂きます。

当日に食べてもいいし、その後もずっと長期間保存できるお祝いのお菓子として、
焼いたクリスマスケーキもあります。
これは保存のため、マジパンやアーモンドペーストと、アイシングでコーティングします。

むかしはお肉が入っていた由来からくるミンスパイは、同じようなスパイスとお酒のきいたドライフルーツなどのフィリングを、ショートクラストペイストリーに包んで焼いたもの。
これはクリスマス前後に食べられるお菓子です。
f0037112_4492029.jpg


*クリスマスプディング*

<材料>
スエート(羊や牛の臓器辺りからとられる脂肪)
小麦粉
パン粉
ミックススパイス(シナモン、クローブ、コリアンダーシード、ナツメグ、オールスパイスなど)
ナツメグ、シナモンは別にさらに加える
ブラウンシュガー
干し葡萄(カレンツ、ソルタナ、レーズン)
ミックスピール
アーモンド
りんご
オレンジとレモンの皮

黒ビール
ラム酒
バーリーワイン

通常の蒸し器では8時間近く仕上げるのに掛かるのですが(!)
義母さんは圧力鍋で4時間ほどかかるらしいです。



*クリスマスケーキ*

<材料>
干し葡萄(上と同じ3種類)
チェリーのシロップ漬け
ミックスキャンディーピール
ブランディー
薄力粉

ナツメグ
ミックススパイス
バター
ブラウンシュガー

アーモンド
ブラックトリクル(液状の黒蜜)
レモンとオレンジの皮

焦げないようにクッキングシートを外、内両側に巻き、上にも穴を開けたシートを被せて、
低温で4時間以上焼きます。

f0037112_4495186.jpg


ブディングとケーキ、似ているようでちょっとちがうことをお伝えしたくて、
中に入っているものを書き出してみました^^

ケーキを作っていて、びっくりしたのが干し葡萄の量!!
あと焼き上がりに要した時間と、出来上がりのその重さ。

私はこういう、お酒とドライフルーツのきいた濃厚な種類のケーキに目がなくて、
またマジパンでコーティングするところも大好きなのです。
本当の甘党じゃなくちゃ好きになれない味かもしれない、イギリスのクリスマスケーキ。
毎年義母さんが分けてくれるのですが、長期保存の意味などなく、1月の上旬には食べ切ってしまいます(笑)

今年はやっと列記とした保存菓子として、大事にゆっくりといただけそうです。(おそらく)

密封しておき、イブの日にマジパンとロイヤルアイシングでコーティング、飾り付けを。

普通は「feeding」といって、ケーキをひっくり返し、針などで穴を数カ所あけて、ブランディーをさらに染み込ませます。
アンも好きなケーキなので、我が家はお酒は加えずにそのままで保存します。

義母さんが作ったプディングを我が家用に持ってきてくれました。
今年は初めて、クリスマス当日は4人で家で過ごす予定です。
当日食べる前に蒸し器で2時間ほど、温めていただきます。
f0037112_450366.jpg

大好きなお祝いのシーズン、大好きなお菓子たち。

スパイスとお酒の香りがしたら、もうすぐクリスマスです^^

[PR]
by annebm | 2010-12-13 05:55 | エンジョイメント

氷点


f0037112_6422928.jpg

 氷点下の日々から、ひとまず解放。


More
[PR]
by annebm | 2010-12-10 06:59 | ノートブック

クリスマスツリー



f0037112_6455047.jpg

 それぞれの 幸せのかたち


More
[PR]
by annebm | 2010-12-08 07:24 | ノートブック

白く光る12月


f0037112_429962.jpg

 1週間雪が降り続いていました。


More
[PR]
by annebm | 2010-12-05 04:54 | ノートブック