<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

はる ひとつ

f0037112_643180.jpg

f0037112_663167.jpg

f0037112_67370.jpg

f0037112_675813.jpg

[PR]
by annebm | 2011-03-25 06:12 | ノートブック

黙想


想像以上のことだとは百も承知だけれど、

限度なく、真摯な思いで彼らと一緒にいる。

言葉も、時空も、物質も何もない、真ん中からくる純粋な思いと共に、

私は彼らの隣りにいる。

今この瞬間苦しみや悲しみを感じている彼らと一緒に、慈しむ。

f0037112_605434.jpg

そして心配や不安や罪悪感や無力感なんかに自分自身を自分で弱虫に、投げやりにさせないで、
今自分の目の前にある生活に根をきちんと下し、
やるべきことを全身全霊集中して丁寧にこなし、終え、
また明日へと備える。

その中で同時に祈り、黙想がある。


それは別のことではなくて、同時に起こっている。


全てはひとつであるから、


分け目なく、私という小さな人の在り方が思いが、ただそっとひとつになる。




++改めて、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りしております。
被災地の方々、まだ行方不明の方々、救助、援助に日夜あたっている方々、日本国中のみなさ
んのことを、いつも思っています


[PR]
by annebm | 2011-03-18 06:24 | ノートブック

心から、日本人として。

+海外在住のため、無駄なく最大限にできることを少しずつと思い、同じくイギリス在住のSaoriさんがおしえてくれた英国赤十字を通しての募金から始めました。
在英日本人の方、こちらから参加できます+


大地震災害の被害がこれ以上拡大しないことを、心から願っています。
被災者、負傷者、行方不明者の方々、ご家族の方々をはじめ、日本中のみなさんに、一刻も早く一粒の安心が戻ることを祈っています。

みなさんの安否もとても心配です。
東北、太平洋側在住の読者の方もいらっしゃるので、
皆様がご無事でありますようにと心から祈っています。

コメント欄、コミュニケーションの場となるかなと思い下に開きました。
何かありましたらこちらに一言お願いします。

この災害でお亡くなりになられた方々のご冥福を、深くお祈り申し上げます。

日本はこの歴史に残る大災害で多くのものを失ったけれど、
日本人魂がもつ強さと優しさと尊さは、きっと、これからもっと本来の力を出して輝くと思う。
私もそのひとりとして、今の、これからの日本を、今まで以上にどんな規模でも、生涯かけて支えていきたい。



[PR]
by annebm | 2011-03-13 04:51 | ノートブック

3月のおやつ


f0037112_6195650.jpg


火曜日、イギリスは「パンケーキの日」でした。
カトリックのイースター前の慣しからくるこの日。
パンケーキを焼きます。

アンの学校でもみんなで作って楽しかったそう。
「フライパンで投げて裏返しにしたら、下に落ちちゃった。でもそれ食べたよ」
と言うのでびっくり(汗)
先生が「大丈夫」と言ったらしいのですが。
Beのフォローで、おそらく万が一のために床にきれいなシートでも敷いてやらせたんだろう、とのこと。。 そう願う私^^;

家でも夕ご飯がすんだ後、みんなで焼きました。
Be家では、とにかく終わりなくお母さんが焼いて、何枚食べたなんて覚えてないくらいほどたくさん食べたとか。
ごはんの後だからお腹いっぱいと思いきや、子供達がびっくりするくらい食べていました。
Beは物足りなかったみたいです(笑)

イギリスでいう「パンケーキ」は、クレープみたいに薄いもの。
トラディショナルに、お砂糖をふりかけ、レモン汁を垂らしていただくのが、私は一番好き。

溶かしバターをいれたユルユルの粉なので、何度も何度も焼きました。
コツをつかむとスムーズに焼けるようになって楽しいし、
あとやっぱり投げて裏返しにするのが盛り上がりました。

****

今年初めてやってきた、アイスクリーム屋さんのヴァン。
f0037112_624376.jpg

「Mr Whippy」という愛らしい名前の(笑)アイスクリーム屋さんが、1年を通して近所にやってきます。
イギリスのアイスクリーム屋さん。
むかしの日本の石焼き芋屋さんと似た感覚。
かわいいオルゴールみたいな音楽と共にやってきます。
近所や公園を廻るのでしょう。遠くから音が聴こえると、「コインあったっけ?」とお財布をごそごそし出すBe。アシスタントのアンも近年加わりました^^;

春夏はもちろん、秋はともかく真冬の夕方にもたまに出没。
我が家はいい季節の頃、5回に1度の頻度でお世話になるくらい。
グレイの雨空、風も強く、寒い日に侘しい音色でやってくることもあるのですが、
誰も買わないよと私が笑っていると、
隣人のおじさんが急いで走って行き、食べながら戻ってくる姿が見えたりします。
どちらかと言ったら、Beも含めて大人が買っていることの方が圧倒的に多いのです(笑)
f0037112_6371073.jpg

ちなみにクラシックは「ナインティーナイン」。
99ペンスのソフトクリーム。棒チョコやナッツをトッピングできたりするもの。
日本のソフトクリームと比べると、たいして美味しいものではないのですが、
ついこのピンク色のミッキーマウスの絵などがついた車を見ると、選んでしまうのです。


[PR]
by annebm | 2011-03-11 06:40 | デイリーライフ

お雛祭り


f0037112_733338.jpg

母が生きていた頃、大事にしていたお雛様とお内裏様。
去年里帰りしたとき、父が「押入で眠っているだけでもったいない。アンのために持って帰ったら」と言っていたので、お人形は手荷物で、他は船便で送ったもの。

母方の祖母の家は昔裕福だったので、価値のあるものらしく、たしか祖母の母親のものだったかなあ、、とにかく古いお雛様。
母には姉がいるのですが、こっそりと?もらってきたそう。

七段の他の飾りはまだ多分実家にあるはずですが、とりあえずはメインだけをいただいてきました。

アンに母がどれだけ大事にしていたか話をしてあげると、すごく嬉しそうでした。
f0037112_7345258.jpg

子供の頃から、この面長の美しい顔立ちのお雛様が好きでした。
どこか面影が祖母にも似ていて。
女の子として、特別な雰囲気の思い出がいくつかあります。
お雛様の髪を綺麗にとかす、母の姿なども。

雛祭りのあの歌も好きで、何度も大きな声でアンとウーにきかせました。
f0037112_7353226.jpg

日本の素晴らしい、春を感じさせる文化ですね。

アンは、雛祭りをどこかクリスマスと勘違いしていたようで、
朝起きたら、「ハッピーガールズデー!」と嬉しそうに叫んで、
プレゼントのことなど訊いてきました(笑)ちがう^^;

ちらし寿司にお吸い物、ケーキなど(本当は桜餅とか、和菓子が食べたいなあ)、ささやかに作ってお祝いしました。
f0037112_7554642.jpg

f0037112_7575857.jpg

アン、これからも陽気な光をたくさん浴びて、ぐんぐん大きくなっていってね^^

ばばも空から、見ているかな。


[PR]
by annebm | 2011-03-04 08:03 | デイリーライフ

ローズヒップのジュース

f0037112_551743.jpg


3月に入ったというのに、またアンからウー、私へと風邪がぶり返してしまいました。
咳が出るだけでひどくはないのですが、先月のウィルスですっかり免疫が落ちてしまっているみたいです。
早く回復すること、免疫力をあげることを目的に、先延ばしにしてしまっていたローズヒップのコーデディアル(ジュース)作りに挑戦してみました。

良質ビタミンの宝庫といわれるローズヒップ。
イギリスではバラがいたるところで植えられているので、公園や庭で、この愛らしい真っ赤な実もよくみかけます。
夏に義両親の家の庭から摘んできたものを、今まで冷凍保存しておきました。

イギリスの古い慣しとしては、夏のおわりにコーディアルを作り、保存して、日光の少ない冬場を通してビタミン補給のために飲むそう。
カルシウムも豊富だとか。

秋に作った、同じく義両親の庭から摘んできたエルダーベリーのコーディアルよりも、ローズヒップのものは手間がかかりましたが、とても美味しく出来上がりました。

作り方は、ローズヒップをフードプロセッサーにかけて、
鍋にお湯といれ、沸騰させます。
フツフツしてきたら火を止め、15分休めます。
それから丁寧につぶしながら濾します。
この作業を2回最初から最後まで繰り返します。

2回目濾し終えたら、砂糖をいれ、とろっとなるまで火にかけ、出来上がり。

大変だったのは、1回目の濾す作業。
見た目はトマトソースのようですが、種もたくさん入った実の固まりをスプーンで押して濾すのは、時間がかかりました。
f0037112_5551443.jpg

ぐつぐつ煮ている時は、ワイルドな土っぽい香りがしました。

この季節はコーディアルをお湯で割って、暖かくして飲むと美味しい。
気分によっては、冷たいスパークリングウォーターと割っても。
癖がなく、フルーツジュースのようで、子供達も何度もおかわりします。

f0037112_6404070.jpg

f0037112_6411075.jpg

義母さんが「ずっと持っていていいよ」と言ってかしてくれた、2冊のハーブの本がとても面白くて、時間があれば読んでいます。
もとから母の影響もあって、民間療法など馴染みが深いので、薬草を使った料理やお茶、美容、医学などに興味がありました。
これらの本の中にももちろんローズヒップは出ています。
育て、使うハーブの知識を長い時間をかけて自分で学んで、生活に取り入れていけたらなと思っています。

美白効果もあるローズヒップ。
私には嬉しい話^^

今年の夏にはもっとたくさんお庭で摘ませてもらって、これからは毎年恒例の楽しみとして、仕込もうと思います。

みんなで毎日飲んでビタミン補充。
元気に春を迎えれたらいいな。

f0037112_6413032.jpg



+私信+
さおりさんへ
前話していた、ご紹介したいハーブの本、この右のものです!
古い本だから、今はどこで手にはいるか定かではないのですが。
本当におすすめしたい1冊です^^



[PR]
by annebm | 2011-03-02 06:55 | エンジョイメント