<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モノクロームの2月

f0037112_72115.jpg

暖か過ぎて調子が狂うような今年の冬も、少しずつ、確実に過ぎて行く。

イギリスに住むようになって、2月は終わりのないモノクロの世界のようで苦手だったけれど、Beの誕生日がきて、節分の豆まきをして、母の命日がくるので、その流れにのっていくと春なんてすぐやってくるようになった。

寒くて暗い2月生まれの夫の誕生日を祝うときは、いつも色付き。
子供達と豆を巻いて鬼を追いやった後の清々しさは鮮明で、
4年前逝った母を想う日だって、明るい色をしている。

私の中で白黒だった2月が、塗り絵みたいに色をつけていくとき、
春を少しだけ意識する。

もうすぐだな、って。


母を思い出して、悲しくなることはほとんどなくなったけれど、
今だに、本当にいなくなってしまったことの驚きの方が大きい。

あ、もうこの世にはいないんだ。
と思う。

いつもふと、今でもドアをノックしてきそうだし、
心の中で母との会話が聴こえるし、触った感触みたいなのもリアルにあるから。

母は色の人だったから、モノクロームの世界から突然眩いお日様の光が見えたり、
虹が見えたり、地面にスノードロップを見つけたりする時、すぐ、母と繋がる感じがする。

そしてその時にはもう色が付いているから、死という黒と白の世界のイメージから遠く去って、なんとも鮮やかで愛おしく、美しい隔てのない世界に安心する。

+日本の大雪、続く地震、みなさん大丈夫でしょうか+

[PR]
by annebm | 2012-01-30 07:41 | ノートブック

ナーサリーソング +

f0037112_8275413.jpg

+お知らせ+douの冬のセールについて下の記事↓に記載してあります

子供が生まれ、子育てが完全なる仕事となってから、あふれるほど書き留めておきたいことが日々あって、それは自分への戒めだったり、反省であったり、以前は想像できなかった喜びや慈しみであったり、希望だったり。
f0037112_8391531.jpg

そんなことを記録しておきたいなと、また、どこかで同じ思いを抱えているお母さん方がいるのではないかなという思いからも、別ブログにぽつりぽつりと綴ってきていました。
でも、自由な時間は思うようにとれないですし、昨年は拙いながらネットショップを立ち上げたので、そちらも追いつけない状態で、さすがに3つ掛け持ちはやっぱり無理だなと思っていました。

別ブログは今のところこれ以上更新することはなく、このまま残しておき、
子供について書きたい時は、新しい「ナーサリーソング」というカテゴリーをつくって、こちらに綴っていくことにしました。
f0037112_8461712.jpg

「小さくて大変だという時は、本当にあっという間に過ぎる」とよく耳にしていましたが、自分の身に染み渡る実感と現実は、驚くほど、「あっという間」。
このブログを書き出した時、アンはまだ3ヶ月くらいでした。
小さい猫みたいに生まれてきた娘が、もう6歳だなんて。

反対に、「どうやってママの中に入っていたの!」と助産婦さんが驚愕したほど大きく生まれたレスラーみたいな息子のウー。
お肌のトラブルに悩まされて、8ヶ月で縫うほうどの大怪我もしたりした1年が過ぎて、今だに9割は女の子に間違われるほどふさふさの栗色の可愛い男の子になって、私のことを守ってくれる紳士にもなってきて。

子供の成長って、本当に、一瞬。

それなのに、大切にその瞬間を噛み締めていくほど現実は甘くなくて、やさしくもなくて、噛み締める前に呑み込んじゃって、消化不良起こしたりすることもしばしあるのが、子育てというものなのかもしれない。

置けば置くほど美味しくなるドライフルーツのお酒漬けや、チーズやワインや、ぬか漬けや梅干しみたいに、
噛み締めれば噛み締めるほど味わい深いライ麦のパンや、玄米ごはんみたいに、
使っていくことで愛着がわくシルバーカトラリーみたいに。

親子の関係ってきっと、後になって、過ぎてみて、もっとその価値がわかるから、
メランコリーを感じるのかもしれない。
f0037112_942135.jpg

そんな、過ぎ去ったメランコリーを、私は自分のために書き残しておきたいななんて思うんです。
汗と涙と笑いとため息に日々紛れながら。

今回気まぐれにコメント欄を開きました。お時間のある方はお気軽にどうぞ^^


[PR]
by annebm | 2012-01-14 09:19 | ナーサリーソング

dou冬のセールのお知らせ

私のお店douでは、9日から22日まで冬のセールをしております。
あらゆるアイテムが、さらにお求め易くなっておりますので、
お時間がある方にご覧になって頂けたら、と思っております。

セール後はまた新たな特集を、今年はもう少し具体的にプランしていきたいなと考えています。
相変わらずのんびりな更新となりそうですが、今後ともよろしくお願い申し上げます^^
f0037112_7415724.jpg

[PR]
by annebm | 2012-01-09 07:42 | お店douのこと

30+3のメモ。


f0037112_7344218.jpg

毎年のことなのですが、クリスマスがあまりにビッグイベント過ぎて、お正月の準備に重い腰をあげるのに一苦労。
元旦が過ぎて3日は自分の誕生日なので、また気持ちを切り替えるのに一苦労、といった年末年始です。

お餅だけは前にロンドンで買っておいたので、大晦日に黒豆と小豆を煮ました。
いつもならスーパーで買える大根がなかったので、今年はお雑煮をパスして、お餅は小豆と、きな粉などのお好みで。
あとは形だけでもお正月らしさをと、まさにあり合わせで作りました。

お重に質素に作って詰めたのは
+黒豆
+大根がなかったので、フェナルと人参のなます(これが子供達に好評でした)
+小鞠の出し巻き卵
+筑前煮
+つくねの昆布巻き

だけでしたが、それでも1年に1度しか使わない漆器が食卓に出ると雰囲気が出るもの。

クリスマスで疲れたお腹に優しい和食を、みんなで楽しくいただきました。

f0037112_7511512.jpg


大晦日と3日に、誕生日のお祝いを兼ねてランチを食べに出かけたり、
Beがお休みをとってくれたので、ずっと訪ねてみたかったガーデンへ連れて行ってもらったり、ショッピングに行ったりしました。(カメラを忘れてばかりでしたが)
今年はBeがなんだか色々とプレゼントを用意してくれていたので、姉や友達からのプレゼントやカードなども子供達が早く開けたくて、朝早く起こされました^^;
(誕生日くらい寝かせてー)

すごく嬉しかったのが、Beが描いてくれたヘップバーンの絵のカード。
顔が巧く描けなかったと残念がっていたけれど、ちょうど年末久しぶりにヘップバーンの映画漬けだったので、嬉しいサプライズでした。
いい日にしようと思って全てやってくれている気持ちも、いつも以上に感じられて、心から感謝。

子供達が何度も可愛いバージョンでお誕生日の歌を歌ってくれたこと。
ウーとお風呂に入っている時、「もう1度歌ってくれる?」と無理矢理リクエストしたら、真摯に歌ってくれて。
丸いオーラをもった裸の今の小さな息子が歌ってくれたその声と笑顔とキスを、私は一生忘れないと思います。

そして日本とこちらの家族からの温かいメッセージも。


30代のひとつ、ひとつ。
折り返し地点の少し手前にきて、今気を緩めたり、投げやりになったり、頑に決めつけたり、弱虫になると、嫌というほど後にツケがまわってくるから、
目の前に集中して、落ち着いて、クリアな頭で、お腹の底から覚悟をきめて、自分の限界なんて認めないで走り続ける。

そんな気がします。

本来自分の内にある、本当の可能性、力、あり方を、
残りの人生でいかに見つけて、つかって、感じていけるか。
30代って、そこにいきつくまでの基礎体力づくり、みたいなものなのかなと思います。


それでは..。 33歳、走り続けます!

[PR]
by annebm | 2012-01-07 19:26 | ノートブック

2012

f0037112_7232561.jpg


新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

みなさまにとって、健やかな年明けでありますように

[PR]
by annebm | 2012-01-06 07:28 | ノートブック