ちいさなたのしみ

f0037112_65402.jpg


紅茶が美味しい季節になりました。
今年は例年より早い8月下旬のある日突然、
いつも朝飲む紅茶が格別に美味しく感じるようになりました。
朝温度がぐっと下がると、温かいお茶をもう1杯飲みたい、と思います。
気がつけば道や公園の木々も紅葉し、空も高く。

体調を崩したアンは、新学期1週間遅れてまたナーサリーへ通い始めました。
週に3日、朝の静かな時間。
ウーを見つめたり、おっぱいをあげたり、家事をしたりしてあっという間に過ぎる時間ですが、
たまには時間をかけてお茶をいれて一息つくのです。

秋に飲みたいのはアールグレイ。
最近お気に入りの、キャラメル入りウェハースと。
母の食器棚から(父の許しを得て)もらってきたローゼンタールは、薄口で軽く、美しい白とブルーが紅茶を美味しく見せるし、飲み易く、気にいってます。
特別な時しか使わないけれど、この季節一人時間にたくさん活用したいなと思います。


秋になるとお茶の時間とともに、やっぱり読書、手紙を書くこと、好きな映画を引っ張り出してみたくなったり。
またいつもとちがうおしゃれもしたくなります。来週には久しぶりに美容院へ行ってくる予定です。

毎日通る道の木々を見ながら、公園を歩きながら、小さな秋を探すことも楽しい。
どんぐりやまつぼっくりを窓辺に置いたりすることも。

[PR]
by annebm | 2009-09-18 06:24 | デイリーライフ
<< 100の朝と夜 Love Spoon >>