冬の飲みもの。

イギリスの冬は寒くて暗い。
太陽がほとんど照らず、朝は遅くに明るくなり、夜は早くに暗くなる。
永遠に続く、鉛色の箱の中生活。
12月はクリスマスのため華やかだけれど、一番ツライのが1月と2月。
あまりの暗さにうんざりしつつ、春が待ち遠しくて毎日うずうずする。
そんな真冬、心をぽかぽかに温めてくれるのはホットチョコレート。
パウダー状で売っているものもたまにはいいけれど、我が家では純カカオとミルクを割ったものが定番。
お砂糖じゃなくて、好みの量のはちみつを入れるのがポイント。
私ははちみつが大好きなので、年中キッチンに常備されてます。
トーストにぬるのも、生姜茶に入れるのも、もちろんそのままなめるのも大好き。
冬になるともっとはちみつが恋しくなる。
冷えた体が優しい甘さを欲しがってるからかな。

f0037112_2343495.jpg

[PR]
by annebm | 2006-01-24 23:34 | デイリーライフ
<< こころとことば。 隣の読書人。 >>