煙る花。

f0037112_4345287.jpg

先々週末アンティークマーケットで見つけた、小さな花の刺繍。
小物が好きなお友達に贈ろうと、何百とある種類の中から迷いに迷って選びました。
一つ一つケースに入っていて、それぞれ花言葉や花の説明まで丁寧に印刷されてあります。
この刺繍、1930年代にKensitasというタバコに入っていた「おまけ」だったそう。
ハンドステッチの美しさにコレクターがたくさんいたそうで、「おまけ」が今では立派なアンティークとして出回っているそうです。f0037112_4353658.jpg
景品として様々なサイズがあったらしく、一番大きいものは縦横10cmほどあり、今では1枚1万円ほどするそうです。
タバコと花の刺繍があまりにミスマッチな気がするのだけど、それがまた魅力的。
ケースの裏には、「どうしてこんなおまけが入っているのか..なぜならタバコは植物だから。Kensitasは最も高級なバージニアタバコの葉しか使っていないことを、あなたに分かってもらいたいのです」といった広告があるのも、律儀で好感が持てます。

私は喫煙家ではないけれど、こんな「おまけ」がついているのならついつい買ってしまいそう^^
[PR]
by annebm | 2007-05-18 04:37 | エンジョイメント
<< スウィートハート。 甘い朝。 >>