夏を惜しんで


f0037112_544623.jpg

よく行く公園には、小道がいくつかあります。
アンと2人なので、日中とはいえ、木々が鬱蒼と茂った道に入っていくのをためらって、今まで入ったことがありませんでした。
先日あまりに空が晴れていて気持ちがよかったので、思い切って入ってみると、上につづく階段が。すたすたと上っていくアンを 「待って〜」と必死に追いかけていくと、たくさんのブラックベリーがなっていました。
f0037112_561977.jpg

前ケンブリッジに住んでいた時、近くにブラックベリーがとれる所があって、毎年夏になると2人で鍋を持って(笑)行っていました。
この町に引っ越してからは、たまに見かけても ほんのわずかの実ばかり出会していたのですが、今回は盛大。
あいにく容器がなかったので、アンの携帯用のカップから水を捨て、そこにはいるだけ2人で摘みました。
木々がかぶさって、ひんやりとした空間の中、昨夜の雨で濡れた土の匂いを嗅ぎながら、2人で黙々と手を紫色に染めて。
ブラックベリーをみると、いつも 「こんなピアスがあったらかわいいな」と思ってしまう私です。

家に戻って、ブラックベリーとネクタリンのクランブルを作りました。
その美味しかったこと!
夏らしいプディング。夏の終わりに夏を惜しむ気持ちで、頂きました。
今度は大きな容れ物を持って行こうと思います。







イギリス、9月に入って突然秋になりました。
日中空が高くて、朝晩冷えるように。
ブログを始めてもう3年目の秋。毎年秋になると、同じことを書いています。
夏の終わり、ある朝突然、いつも飲む紅茶がさらに美味しく感じられるようになり、それで秋の訪れを知るということ。
とても個人的な感想なのですが、私は去年も一昨年もこれを書いていて、今年もしつこく同じことをリピートしてみました(笑)
公園などの木々もちょっとずつ茶色になっていて、でもまだ秋になってしまうのは早過ぎるような気がしていました。紅茶の味もいつもと変わらないし.. と夏を惜しんでいたのですが、今朝心の中で「秋の到来」を感じました。紅茶がきりりととても美味しい。この季節に飲む紅茶が一番好きです。
そして今年も読みます。読書の秋。
チェコのプラハに行ってみたいなあと、ずっと妄想していたこともあって、早速読みたい「ドナウの旅人」。
実家から貰ってきた(盗んできた)古いDANSKのマグにたっぷりのお茶をいれて。
このマグ、なんといっても保温がすごいです。ずっと温かくて、手もほかほか^^
f0037112_5252027.jpg

自分の日記を読み返してみたら、去年も一昨年も同じ頃に「秋がきた」と書いていました。
季節は巡るなあ。

[PR]
by annebm | 2008-09-05 05:29 | デイリーライフ
<< party! キャビネット >>